40代の転落人生とは本当に転落したのか考えてみた

生き方

転落人生という言葉に思うことがあり、まとめてみました。特に40代〜50代の人に向けての記事です。

記事を読んでいただいて何か思うことがあれば幸いです。

転落とは上から下へ

若い頃、簡単に「あいつの人生は終わったな」「人生詰んだ」など揶揄していたことを思い出します。恥ずかしいことでした。

そういった感覚からすれば私自身も終わった人生です。しかし本当に終わったのか? いや、この状況でも終わるどころかむしろ始まりました。

要はものの捉え方と何と比べるかということだと思います。

 

転落したというのは正に上から下へ転げ落ちたことですが、果たしてそもそも上だったのか? 決して上の生き方では無かったと思いませんか?

その上だったと考えるのは、お金があったから? 家庭を持ってたから? 恋人が居たから? 仕事で出世したいたから?

その上という意識は何と比べているでしょう。

 

少なくても夢や希望を抱かず、自分のやりたいことをしていない人生は、ある意味で「下」だと思います。

 

これも考え方で変わります。下と思うならば、後は上だけ。下も底まで見ましたか? まだ底が見えないならば、まだまだ下ではありません。苦しいならいっそ底まで落ちてみて、そこから再構築した方が楽な場合もあります。もしくは底まで達していない下ならば、ちょっと上を向けば元の上まで上がれます。少なくても底からやり直すよりは労力がかかりませんね。

 

個人的には下に転落したとは思えません。むしろ上と考えていた人生は無かったという事実を感じます。ずっと変わらない。周りの状況を同じではないのに比べていたことが上下を気にすることだった。ずっと底辺だったと捉えたら何とも情けない話ではありますが、これから上を目指せばいいだけです。そもそも上を目指すこと自体がナンセンスなんですけどね・・・。

 

這い上がらなくていい

この上を目指すということが苦痛になります。這い上がるのではなく、平坦でも良い状態を維持する。結果として以前の自分より上へ這い上がったという事実だけ残ります。それは他人からみた光景であり、自分自身はそれ程苦労もせず淡々としていただけに過ぎません。

 

人生がずっと上り調子なんてことはありません。誰でも皆、上下しています。気分の問題も同じで、バイオリズムもありますから、常に絶好調なんてことは有り得ません。自分を騙して、絶好調なんだと勇気づけることは意味があるかと思いますが、実際は決してそうではありませんね。

元巨人の中畑選手のような絶好調男は良い例で、いつも元気で調子が良いように感じていましたが、彼もまた悩み、上下する人生であったのは言うまでもありませんね。

 

あきらめないで継続する

「あきらめない」ということは何事においても必要です。と言っても、あきらめてしまうのも人間の弱さです。あきらめてもいいけれど、あきらめない。

もっと言うと、あきらめるという感覚は抱かず、単にやるべき事をやる。そして違う形でも継続する。結果としてあきらめてなかったという事実が残る。

方向転換してしまうとあきらめたことに見えますが、また元に戻ってもいいし、違う方法で成し遂げてもいい。完全に何かを辞めてしまうことが全てにならなければいい。そう思います。

 

転落したからあきらめて何かを失ったのでしょうか。お金や家族や家や仕事や健康、目に見える何かを確かに失った。それも皆は持っているのに・・・。そういう意味ではあきらめた、失った、となりますが、他に得る物は無かったのでしょうか?

失って理解出来たこともあります。転落したから気がつけたこともあります。では、また手に入れればいいし、上を目指してもいい。今度は理解出来た分だけ同じにはならないでしょう。そこにはやはり、あきらめなかったという事実は残ると思います。

 

あまり執着しない

人により欲が異なります。良い会社に入りたい。出生したい。お金を自由に使いたい。結婚したい。子供が欲しい。家を買いたい。

欲を持たない生き方では仙人になってしまいます。社会で生きて行くには、欲が無ければ続かないこともあるでしょう。ただ、それらの欲というのは、本当にそうしたいのかを自問するべきです。あまり欲をかきすぎると失敗するでしょう。

 

人と比べずに自分は一体何が叶えば幸せなのか、全ての欲を満たし全てを手に入れることは当たり前ですができません。

何かを得るために優先順位を付けて生活する。全てを得られませんから、何かを捨てないとならないかも知れません。

あまり色々な事に執着せず、第一優先の事に当たる。素直に生きていれば悩むことも減るでしょう。

客観的な評価で「この人はこういう人だ」と、一言で言い表すことができれば、恐らく充分なはずです。

これは歳を重ねれば顕著になると思います。

シンプルに考え、自分に素直に、そしてシンプルな生活を続けると、実は意外と多くの事を手に入れられるのではないでしょうか。
そしてそれは転落したのではないと理解できることだと思います。

そもそも何から転落したのですか??

 

40代の人によく読まれている人気記事:

下流中年になった転落人生

40代で上手く行かない人生は自分を見失っているから?「四十にして惑わず」自分らしく生きましょう

コメント