売れたのが理解できる「自分の価値に気づくヒント」ジェリー・ミンチントン

自分の価値に気づくヒント

読んだことによっていくらかの悩みが解消された本をご紹介します。せっかくKindle PaperWhiteを所持しているのだから、何度も読める本をいつも探しています。ジャンルはやはり読むことで自分の考え方や生き方を修正できたり、単純になるほどと頷ける内容が何度も読み返すことが多いです。

そんな中から本の良かった点をまとめてご紹介します。
個人差がありますので、記事は話半分でお読みください。ご参考になれば幸いです。

ベストセラーなのが分かる

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)

もう3回程は読み返した本です。精神的に参るときは、やはり自信を喪失していることが多いと思います。完璧主義までいかなくても、より良い結果を求めすぎると逆の結果になりやすく本末転倒です。
適当に自分なりの解釈をして、出来るところだけ取り入れるようにしています。

この自分の価値を立派な人と比べてしまうと凡人である私なんてちっぽけな存在で、余計に虚しい気持ちに陥ります。
人それぞれの価値というものはあると思います。それが多く、そして大きい人が偉人であったり、歴史に関わるような人達でしょう。小さな街のしがない人でも周りに影響を与えていることは少なく有りません。

自分の価値に気がつくというのは、それだけ客観的に自分を見ることが出来ています。落ち着いていることでしょう。

本は見開き2ページで1つの智恵が表現されています。捉え方によってはお説教にも思えますし、聞いたことあるなと思う内容もあるでしょう。

年齢を重ねると、面と向かってお説教や指導をいただくことも極端に減ります。こういった本から学ぶことはまだまだ多いと思います。

なりたい自分をイメージする

スポーツ選手がやっているイメージトレーニングは重要なんですね。なりたい自分をしっかりとイメージ出来れば、やはりそれは具現化します。そこには信念が産まれていることでしょう。

これまでを振り返ってみると、前向きに苦も無く努力していた時は、大きくなくてもこうなるんだという確証を持っていました。ある意味で自信過剰気味でした。

でも、やはりその方向の結果が出てきました。全く同じとはなりませんでしたが、しっかりとした結果でした。

実質のない、身のない自信では滑稽です。しかし、自分が強く思うことは問題ないと思います。それを他人に表現する必要もありませんから。

周りは何と言おうと自分だけは信じて進んでいくことは、やはり長い人生では必要ですね。

100のアイディア

本では100のアイディアともヒントとも智恵とも言える内容が記されています。アメリがの作家だろうが人間の悩みは古今東西であまり変わりません。

この100のうち、仮に2〜3でも気づくことが出来れば読んだ分だけラッキーだと思います。

他人の言葉に乗るのもある意味で答えだと感じました。何にせよ、自分の人生が豊かになるのなら、柔軟に聞いて身につけたいです。

目次の抜粋

1.自分を受け入れる

2.自分の価値を信じる

9.夢をかなえる努力をする

10.全力を尽くす

13.いつも物事のいい面を見る

14.好き嫌いを減らす

15.批判に耳を傾ける

19.大好きな仕事を見付ける

22.なりたい自分になる

25.熟考する習慣を身につける

30.重要な活動にだけ時間を使う

32.自分にも相手にも正直になる

34.孤独を楽しむ

37.人を許すことを覚える

40.適当に不完全になる

47.もっと親身になる

57.無償の愛を実践する

59.褒め言葉を素直に受け入れる

63.もっと愛を表現する

66.ささやかな贅沢を楽しむ

70.人生の記録をつける

80.間違いから教訓を学ぶ

87.今すぐに自分を受け入れる

91.先延ばししない

98.落ち着いて行動する

100.許す

きっと1つは心に留まるヒントがあると思います。

あなたは自尊心の乏しい人に陥っていませんか?

ジェリー・ミンチントンの書籍一覧