うつ病を回復するための実践方法

うつ病って本当にイヤですね。自分はもちろん、他人も不幸にします。

また、仕事を失います。収入が途絶えお金に困ります。生活が困窮します。

仕舞いには、恋人や家族を失います。

そういった流れが容易に想像できるため、うつ病に陥った人は通常よりもヒドく焦ります。
そして焦って、その最悪のシナリオを引き寄せてしまうのです。

そこで経験者として、最適な方法でうつ病から回復する道筋を考えました。本当に困っている人は参考にしてみてください。(もちろん個人の感想になりますので自己責任でお願いしますね)

焦らずゆっくりと

とにかく焦ります。これは仕方が無いことです。誰も悪くありませんよ。しかし、焦るなと言っても無駄です。焦りは止まりませんからね。

必要なのは自分の考え方です。捉え方です。

よく心療内科の医者にも著名な本にもそう載っていますね。認知の歪み。これは別にうつ病と診断されていなくても、歪みを正せばもっと良い未来が待っていると思います。

焦りのやり過ごし方

ベッドの上、または落ち着ける場所で、目を閉じ深くゆっくりと呼吸をしてください。
やり方は知らなくていいので、瞑想や座禅といった真似事をしましょう。

そして焦っている自分を認識します。次のようにします。

「自分は今焦っている」

「焦って鼓動が速い」(鼓動を感じてください)

「この身体感覚や心の感覚が焦っている感覚なんだ」そう考える。

深呼吸をします。
大きく3回。それも深く長くを意識してください。
吐く息を長くする意識だと深い深呼吸になりますよ。

「焦っているなあ・・・」

そう考え、先程の焦りの感覚が減るまで深呼吸を続けます。

どうですか?減りました?
もしも減ったならば、その減った感覚も覚えておいてください。その状態にもっていければという目安になります。

最初の内は、焦りや不安を感じた時に、深呼吸を静かな場所でやることでだいぶ楽になりますよ。

とにかく寝る!

睡眠というのはうつ病予防にも、回復期にももっとも大事です。
睡眠不足という時間の問題もありますが、大抵は睡眠の質が問題です。
起床した時、「あー、よく寝た!」と思っていますか?

そういう良い時って、笑顔で起きられますよ(^0^;)ホントに。

疲れ切った顔で、ため息交じりで起きる時は、そうとう心が疲れています。
そういった場合はどこかでまた眠い時に寝て補いましょう。

とにかく楽な姿勢になることです。本当に寝なくても横になる。身体と言うより心を休ませるのです。本もスマホもダメです。ただ、目を瞑る。色んなことが頭に浮かんでも追い払うように真っ暗な世界、そうですね、私は宇宙を見に行ったように想像します。太陽系を飛んでいるようなイメージです。

これを僅かな時間でも心を静かに動きを止めると、睡眠と同じような感覚がありますよ。

とにかく外へ出る!

外へ出ることは寝る次に大事です。人は社会生活も私生活もじっとしていることは苦痛です。かといって、外で何かをしろという訳ではありません。

  • 散歩する。
  • お店に行く。
  • 自転車に乗る
  • ドライブする。

その時の回復度合いによって変えてください。

私はドライブが好きなので、当てもなく走ります。車中で好きなコーヒーを飲み、カーステレオで音楽をかけて、思いっきり物思いにふけるか、歌います(笑)

これがニュートラルな思考を作りだして帰ってくるとかなりスッキリします。

どれでもいいので、実践してください。外に出るという行為なら何でも構いません。

え?

行く場所がない?

そうですね。公園、図書館、本屋、海、川、山、無料で出来れば自然があるところがいいでしょう。気兼ねしない場所です。
誰にも出会わない場所とでもいいしょうか。

これは太陽と自然に触れることが目的です。人は本来動物です。現代の事柄から離れて、動物に戻るような感覚ですね。

自然に囲まれて癒やされる。

これは本質だと思いますよ。

覚悟を決めて

最後に覚悟を決めるということを理解していきましょう。
これは特に何もすることはないのですけれど、非常に大事だと思っています。

人が焦るのは、先の未来に不安を感じているからです。その未来に行きたくない!そういう強い想いがあるため、そうならないように焦るのです。

「急いては事を仕損ずる」

物事は焦ってすればするほど、冷静沈着に出来なくなるものだから、焦っている時ほど逆にじっくりと落ち着き、考えて対処しないとなりません。

遠回りが一番確実なんです。だから、目先の利益は得られない覚悟をしましょう!

しかし、この覚悟がなかなかできません(^0^;)

どうしても今からしたいことや、明日にやりたいこと、これまでの予定だったり、仕事を失いたくないとか、お金が無くなる不安など、「こうしたい!」という想いが強いのです。

だから、これらを全て失うことはイヤだけど、仮に失っても構わないという覚悟が必要なんです。
実際には無くなっては困るのは確かなんですけど、開き直って、もういいや!という気持ちに達すると、意外と早く回復して何も失わないことを経験者としてお伝えしておきます。

どうでようか? 騙されたと思って実践してみてください。
もちろんこれだけでは足りません。
今後もこういった経験から得た手法を公開していきたいと思います。

ご参考にしてください。