復縁について考えてみた。振られた場合の復縁方法は?

生き方で悩む
スポンサーリンク

どうも最近は恋愛ネタが続きます・・・。男女の問題は人類の永遠のテーマですね。

あなたは復縁にはどのような考え方をお持ちですか??
復縁を願ってそれは成就したことがありますか? または復縁という言葉は存在しないと思いますか?

ちょっと復縁について考えてみました。

スポンサーリンク

調べるのではなく考える

インターネットという情報が多い時代には、簡単にGoogleさんに聞いて一喜一憂するでしょう。ただ、インターネットというのは嘘も多い世界です。騙す意味での嘘と、情報が足りないという意味での嘘、個人が考えただけの少数意見をさも皆の総意として記載してあります。

 

情報は自分で判断して受け取ってください。もちろんこの記事も同じです。

では、真実に近い情報は何でしょう?

答えは簡単です。自分自身が感じたことや経験したことが真実であり、それ以外は全く無意味な情報となります。

 

そうは言っても、よく分からないから調べているんだけど・・・。

ええ、それはそうです。分からないから調べて、それと思わしき回答が掲載されていても、それはあなたとお相手に起こった現実では無いですよね?
少なくても似ているだけで自分たちに無理矢理当てはめていませんか?

 

様々な情報は参考にすると同時に、考えるきっかけにして、答えは自分自身で出すしかありません。その答えは的を得ていないかも知れませんが、きちんと考えれば大方は正解だと思いますよ。ちゃんと考えることが大事です。
注意点として、プラス面だけではなく、マイナス面も洗い出して考えること。自分の都合になってしまいがちで、相手を責める要素しか浮かばないのは真実の答えとは言えないと思います。

過去を振り返る

では、考えるためにも過去を振り返りましょう。嫌な思い出もあるでしょう。感情が苦しくなったら辞めてください。いつでも思い出せるでしょうから、落ち着いて思い出せるまでは何も考えない方が無難です。

 

復縁したい気持ちを整理する手順

まず、過去を振り返って何をするのか? 復縁したい訳ですから、その方法でしょうか?
それは振られた側としては当然かも知れませんね。やり直したい。戻ってきて欲しい。そうでしょう。

 

しかし、ここではそもそも復縁したいのかも含めて、じっくりと思い出しながら考えて答えを導き出します。
すると、仮に復縁したいのならば、どうすれば復縁できるのか、またお付き合いが始まっても同じ失敗を繰り返さないためにも自分を見つめ直す機会になります。

手順1

復縁したい苦しい気持ちを楽にするためにも、落ち着いた場所や時間で半ば寝るようにリラックスして彼女(彼)とのことを思い出しましょう。

私はベッドでお昼寝するような状態で静かに想いを辿りました。

 

自分と彼女(彼)とのことならまるで映画のように思い出せるはずです。

 

第三者視点が望ましいです。自分もお相手もちょっと別の角度からカメラで撮影しているように想像してください。

そこで思い出の中の自分の発言や行動をお相手もも交えて演技させるイメージです。

手順2

その場面で二人はどんな会話や行動をしましたか? それを映像の用に脳内で再現出来たのなら、そこに仲裁に入る、または間に入って会話するように、双方の話をまとめてみましょう。

ちょうどそれぞれに説得するような感覚です。
自分の悪い所、お相手の勘違いなど、ここはこうではないかな?という客観的な視点と口調を想像しましょう。

 

ここではもちろん嘘はいけません。自分や相手を美化したような妄想はダメです。あの時のことを有りのままで際限します。

 

客観的に聞いて自分の発言は相手がどう思ったと思いますか? また、言葉は適切だったか、行動が足りていなかったか、好きな気持ちと裏腹な行動は無かったか? 間違っていた点や上手く伝わらなかった気持ちなど、事細かに思い出してみましょう。

 

そうやって相手の気持ちも汲み取ってみましょう。あの時と同じ感覚ですか? 冷静に考えたら、これは相当怒っているなとか、これは本心だな、といったお相手の気持ちもまた違って感じることがでるはずです。

 

もしも何も変わらない。全てあの時と同じという感覚ならば、恐らくあなたはまだ冷静で落ち着いていません。今はどう考えてもダメでしょう。

上手くいかなかった事実で振られたわけですから、必ず何かのキーポイントがあったはずです。

手順3

思い出してみて、どうですか? あの時の言葉は適切では無かった、あの時の受け答えはヒドかった、あの時のお相手の気持ちは本心では無かった。そういった違いを発見出来たならば、決定的だった瞬間の言動も自ずと理解すると思います。

 

仮にそれだけではないにしても、どうして配慮出来なかったのか、反省するべきです。もしも万が一、やり直せたら、復縁出来たらのならば、今度はどんな言動になりますか? 出来ますか? そうしたいですか?

自問自答して、それでも一緒に居たいと思うなら、復縁に向けて気持ちを新たにしてください。

復縁に向けての努力

インターネットには復縁は必ず叶うような記事も散見されます。私は全てを否定はしません。的を射ている内容も多いからです。
しかし、やはり必ずとか、大丈夫とか、そういった保証は限りなくありませんよ(^_^;

慰め程度に考えましょう。

 

寧ろ、復縁は無理だという気持ちと、復縁に向けての努力は自分のためであって、その結果の見返りとして復縁は有り得ません。

 

気持ちは復縁に向けて前向きに努力はします。しかし、復縁の可能性が低いかゼロなのは変わりません。

特に連絡が取れない状態では尚更です。
かといってあきらめられないのも事実ですよね。

 

で、あれば、世間で言われる「自分磨き」をして、同じような失敗を繰り返さないために自己鍛錬に励むしかありません。

結果として、どこかで縁があり、会ったりメールや電話で連絡が取れたり、そういった時はいつか分かりませんが、見直してもらえるようにしましょう。

あくまで結果としてなので、復縁を目的すると、恐らく2度目の別れは相当に精神的ダメージを負います。努力したのだからという想いは消せませんよ。

 

努力はする。でもそれと復縁は別という考えは必要だと思っています。思い出してくださいよ。どういったことで振られたのか、よく考えて答えは出ましたよね? あとはそれを許すかどうかも含め、お相手の考え方や気持ち次第ということです。

 

中には、どんなに変化したお相手でも絶対に無理!や、一生許さないといった感情の人もいます。
やはり一度別れてしまった人生は、その延長で考えないとなりません。それが現実です。

変化した姿を見せられれば?

復縁は無理という結論では悲しいですね。私も決して可能性がゼロと決めつけてはいません。自分の行いを反省し、改善する努力をして、自分は変われたならば、きっとそれは伝わります。だって愛し合った仲ではないですか。

 

ただ、それを見て貰えるかどうかはポイントです。

 

連絡が取れない状態では、どちらからアクションを起こしますか?

振られた側?

振った側?

 

どちらでも良いと思います。しかし、振られた側は非常にツラい立場です。何せ嫌われたのも事実であり、仮にそれは誤解だ、または考え直したとしても、お付き合いする程に感情が高まるかは別だからです。そこまで行かないかも知れません。

 

人は嫌な記憶は心の傷として大きく残ります。
そうなると、今までよりも更に魅力的になっていなければ覆せません。

それだけ自己鍛錬で自分を律して成長したとしても、それでもお相手のお眼鏡にかなわないなら、そこでまた終わりです。

冷却期間が必要

冷却期間は大事です。3ヶ月とか半年とか、そういった話は聞くでしょう。そうすれば怒りは落ち着いて、良かった思い出もあるでしょうから、恋しい、寂しい気持ちもお互いに湧きます。

冷却期間を置いたから、それで怒りも収まり、冷静に今一度考えられる可能性は確かに高いです。もしかしたら振った側の方が未練が多いかも知れませんから、会いたい想いが強く早めに仕掛けた方が行動に移すでしょう。

 

でも、その冷却期間は一体どのくらい?

 

それはあなたとの関係に因ります。一概には言えないと思います。1ヶ月という場合も1年という場合も2年以上という場合もあります。

その絶妙なタイミングで声をかければ、建設的な話と感情の高ぶりで以前よりもより強い絆で結ばれるでしょう。

でも、タイミングがズレたら・・・?

 

復縁は不可能ですね(^_^; タイミングだけは本当に分かりません。仮に近くの友人に頼んでも心の中はそのお相手しか分かりませんからね。

復縁もまた出会いと同じ縁

では、復縁するタイミングはどうなのか考えてみました。
一度お付き合いしたとしても、やはり付き合っていなかった時に戻ります。冷却期間があったなら尚更です。

唯一の救いは、良い思い出もあるということです。やり直してみようと二人ともが想い、そしてそのタイミングで連絡が取れれば心は動きます。

この絶妙なタイミングならば、何も要りません。だって、お互いにやり直そうと半ば決めているから会えたり、連絡が取れるのですからね。

 

そのタイミングは、ズバリ、初めて出会った時と同じではないでしょうか?

 

いいなと惹かれたあの時、まさかお付き合いが成立するとは思えなかったあの時に戻ります。それはきっと縁です。他の誰よりも惹かれ合った事実は、喧嘩や仲違いした時に、やっぱり無理だったという結論になっています。
いくら冷却期間を置いても、良い思い出と共に、嫌な思い出も甦ります。

 

あきらめてはいけないのは、縁があれば、どういうことでもまた二人は一緒の時間を過ごすことになると思います。

 

お互いを強く思い、別れても尚、相手に心を寄せられる。その延長でまた出会い付き合う。そういうものだと思います。

彼女(彼)と初めて会った時、どちらからも好きな電波が出ていたハズです。それが復縁に向かうことだとしても、恐らく惹かれ合うことに違いはありません。

具体的な行動とは? タイミングだけ

あとは、タイミングだけです。

そのタイミングは推し量ることはできません。本当に復縁出来るならば、何も言わなくてもお互いが復縁を望んでいると思います。

しかし、連絡が付かないのはどうすることもできません。もしも相手が1%でも気持ちが残っているならば、何かの連絡手段は生きているハズです。

全てが閉ざされていては何もできません。無理矢理やればそれはストーカーです(^_^;

具体的な連絡方法

メールが届くなら節目の時がいいでしょう。

  • 年始の挨拶
  • イベントの日
  • 誕生日や記念日
  • 転職や転居、進学といった生活の節目

内容も簡素に感謝を述べて

一緒に過ごした日々が楽しく幸せだったならば、その時の感謝の念はきちんと伝えましょう。だってそうでしょう? 隣に居ない今とは違って、あの時に時間を割いてくれたんですよ。だからこそ、ありがとうと思うハズです。

 

初めて会った時と同じ新鮮な気持ちで、あいさつが出来ればいいと思います。

それで返事が無いとか、連絡手段が途絶えていたとか、交われない事実があるなら、完全にあきらめるべきです。

前向きに

でも、本当にお互いが必要で、好きで、また会いたいとお互いが思うならば、きっと出会えます。縁があるということですよ。

 

振られた場合の復縁は、いかに相手をあきらめられるかだと思います。

身も蓋もない?(笑) いやいや、あきらめてるから、自分の私利私欲は無く、相手に対して敬意や感謝を感じるのです。
結果的にそういったお相手の方が素敵に映りませんか?

 

逆説的ですが、復縁をあきらめられた時、その時が連絡のタイミングです!
あきらめたからこそ、初めて会った気持ちで接することができます。
そう、もう一度出会い、恋に落ちれば、結果的に復縁したことと同じです!

 

まずは自分磨きをしましょう。あの時できなかったことをできるように、そして彼女(彼)のお相手に相応しい人になりましょう。仮にその彼女(彼)と上手く行かなくても、これからの人生において魅力的な人に生まれ変わっていることは違いありませんから、決して無駄にはなりません。

どちらにしても相手を想い、やり直したい前向きな気持ちって大事です。
恋愛っていいですね!

生き方で悩む
オナヤミをフォロー
スポンサーリンク
悩んでいる人
オナヤミ

人生20年間も悩んで迷ってきました。自分なりの悟りの境地へ向かう中、同じ悩みを抱えている人のヒントになればという気持ちで記事にしています。

オナヤミをフォロー
悩みナビ

コメント