クレジットカードの限度額の減額をしてみた

生き方

クレジットカードは使いすぎるところが難点です。年収によって利用限度額というのは変わります。

きちんと利用して指定日までに支払っていると、それほど高額にならなくても信用が高まり、カード会社から利用限度額が引き上げられたり、一般カードから上位へ切り替えるご案内もやってきます。

いつの間にか利用限度が上がり、100万円くらいまでならよくあることです。しかし、他のカードも利用していると、勝手に引き上げられるのも考えものなんです。他のカードの限度額を引き上げたくても、支払いは同じ収入源なので他は上げらないこともしばしばあります。

そこで、あまりメリットがないと思われるでしょうが、限度額の引き下げを行いました。

使いすぎ防止のためであったりしますが、数万円の支払いがほとんどのカードで限度額が100万円ではもったいないと思ったからです。

限度額の引き下げ

実は限度額の引き上げはどのカードもWEBから申請可能です。しかし、下げることができないカードも多いのです。使ってもらいたいですかね・・・。

引き下げるメリットとして、前述のように収入源はひとつなので、何枚もクレジットカードを所持していても意味はありません。いっぱいまで使っても良いというだけで、それを支払う現金が足りなければ元も子もないです。

 

今回、イオンカードの限度額を下げてみました。そうです。イオンカードは下げる申請も簡単なんです。他のマスターカードの限度額を上げて利用したいこともあり、100万円から30万円まで下げてみました。3日後に確認すると減額になっていました。

イオン系列のお店は生活品が多いので、利用回数の割にはあまり金額はいきません。30万もあれば充分なんです。

所持しているマスターカードは利用回数は少ないのですけど、1回が大きいため、限度額が気になっていました。これで安心して使えます。

 

今後、別のクレジットカードを作る際にも、複数のカード会社との利用可能限度額の総額が収入を上回っている場合は審査が通らないこともあります。

自分で管理出来れば支払いが遅延することもありませんね。

クレジットカードは上手く使えば、明細で何を購入したのかも一目瞭然ですし、現金を下ろしにいく時間も節約できます。手数料が掛かるならその分はお得ということです。

 

ご自分の収入とクレジットカードの利用限度額は一度は見直したいですね。

 

イオンカード

イオンカードは入会金・年会費が無料です。イオンカードには機能によって各種ありますが、もっともポピュラーで人気があるのはイオンカードセレクト です。

イオン銀行のキャッシュカード機能とクレジットカード機能が1つになっており、更に電子マネーWAONも一体化しています。

  • クレジットカード
  • イオン銀行キャッシュカード
  • 電子マネー「WAON」

WAONはオートチャージで利用可能なのでチャージの手間が要りません。いつでも電子マネーが利用できます。チャージ分もポイント対象なので、チャージと利用で2倍に貯まります。

電子マネーWAONの利用可能な店舗は全国約387,000箇所というのはご存じでしたか?

利用可能店舗の一部

 

イオン銀行は全国約55,000台のATMで、入出金手数料0円で利用できます。しかも365日24時間でOKなので通常の銀行よりお得です。近くにイオン系列のお店があるのなら利用しない手はありません。

所定時間内であれば「ゆうちょ銀行」「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」も手数料無料です。

クレジットカードの国際ブランドはVISA、Masterカード、JCBに対応しています。また、発行手数料・年会費無料のETCカードまで作れます。

今なら期間限定で「ときめきポイント」を最大6,000ポイント プレゼント中です!(6,000円相当分)
プレゼントの取得方法や機能などの詳細は必ず公式ページでご確認ください。

 

生き方
スポンサーリンク
オナヤミをフォローする
関連記事(※一部広告)
悩みナビ

コメント