理不尽な離婚で子供と離ればなれの父親へ

キーボードを打つ離婚した親として
スポンサーリンク

離婚と生き別れた子供のことを書いた記事にたくさんのコメントを頂いております。

個人的な体験談を綴っただけで、共感していただけるだけで私も助かります。同じような男性が多いのではないか?と思って公開しました。

今回、コメントをまとめてみました。

離婚して子供と離ればなれの父親の皆さん、苦しい生活の中でも同じような人がたくさんいらっしゃいます。決して独りではありません。
それぞれの立場で、事情も異なりますが、子を想う気持ちは変わらないと思っています。

何かオカシイ世界になってしまったため、同じような境遇に陥っていると思います。それを憂いていても解決しません。

色んな意味で現実を受け止めて明るく過ごして行きましょう。

いただいたコメント

いただいたコメントは主に以下の記事をお読みになった方からです。
ここではハンドルネームは載せていません。各記事のコメント欄を参照ください。

我が子に会えない父親がすべきこと
こんにちは。離婚してから面会という言葉を使うことに未だに抵抗があります。ついこの間まで、面会という言葉は入院されている方のお見舞いでしか使っていませんでした。どこかよそよそしい言葉で、堅い印象、線を...
離婚して別居している実の父親という立場 — 子供は捨てられたと思っている・・・
離婚してから子供とは別居状態の皆様、こんばんは。我が子がパパから捨てられたと思ってしまう悲しい感覚を味わっていますか? ツラいですね・・・。 そんな元パパに贈ります。 よく読まれてい...
子連れで離婚するかも知れない女性の見分け方
離婚して気が付くことは多々あります。そのひとつに、何かの思想に包まれたような女性特有の考え方があります。恐らく本能なのだと思います。また、その女性の親子関係からも起因していますね。※...
別れた子供との関係を築く
死別ではないのに両親が揃っていないというのは悲しいことです。 親も人生は1回キリですが、子供も1回キリです。母親の未来も大事ですが、子供の未来も大事です。 結婚したから離婚できる 状況は...

まさに同じ立場です。理解してもらえるだけでありがたく感じました。

全く同じ立場です。気持ちを分かってくれる方がいる。それだけで救われました。

私も韓国国籍の女性と結婚して4才になる娘がいながらも離婚という形になってしまいました。娘もパパが大好きだったので離婚するまでは泣いてばかりで可哀想な思いをさせてしまい。償いきれない程の罪悪感があります。
元嫁は自分が幸せなら子供も幸せと言い韓国に行ってしまい。半年経って日本語を忘れてしまったようで上手くコミニケーションが取れません。少しづつ韓国語を勉強しながらも年に2回養育費を渡す為に韓国に行く約束をしています。会える日を楽しみに不安を持ちながら生活しています。子供を毎日考えない日はありません。いつか娘と笑って会える日が増える事を望んでいます。今日もXmasプレゼントを買ってきましたが…娘がいれば好きな物をあげれるのですが一人でのトイザラスは寂しかったです。娘が幸せでいれるように願ってます。

すごく参考になりました。
私は昨年離婚し大好きな子供と離れて暮らしてます。会える日数や時間を巡り1年近く争いました。子供は低学年の男の子で私と遊ぶのが大好きです。幾度と子供の気持ちを最優先してほしいと話しましたが理解出来ないようです。女性は自分が産んだから自分のものみたいに思ってしまうのでしょうか?今は月に一度の面会でたくさん愛情が伝わるように、また親子の信頼関係を築くように心がけています。早く子供が成長して自由に会えるようになりたいです。
毎日子供のことを考えてしまい、悲しみに苦しむこともありますが、前妻と離れたことは全く後悔していません。みなさん共に頑張りましょう。

別居中1ヵ月ぶりにあった2歳の娘が別れ際に「パパも」と言って手を伸ばしてくれたことは一生忘れることはできない。
2歳でも状況が分かっているのだろう。娘に辛い思いをさせてしまったこと、期待に応えてあげられない自分に情けなくなり1人玄関で泣いてしまった。

離婚に応じる前は「いつでも会ってもらっていい。学校行事も参加してもらう。」と言っていたが態度が一変し「月1回、3時間、自宅以外。宿泊・行事参加無し。」の1点張り。
どうにか条件をよくしようとしたが妻の両親からの人格否定攻撃に耐えられず折れてしまった。こんな人間たちと話し合いをしても意味が無い。子供といい関係を築くことで将来に期待しようと考えた結果だがつくづく情けない。
妻の母親からの「こっちは365日大変な思いをする。あんたは暇な時に会うだけだ。」この言葉も一生忘れないだろう。

子供がこの人たちの下で育つと思うと、不安や怒り、申し訳ない気持ちがこみあげてくる。

けれども面会ではこれらの気持ちは絶対見せないようにしようと思う。
目の前にいる子供としっかり向き合って愛情を与えていけるよう何ができるか考えている。

すごく参考になりました。
私は昨年離婚し大好きな子供と離れて暮らしてます。会える日数や時間を巡り1年近く争いました。子供は低学年の男の子で私と遊ぶのが大好きです。幾度と子供の気持ちを最優先してほしいと話しましたが理解出来ないようです。女性は自分が産んだから自分のものみたいに思ってしまうのでしょうか?今は月に一度の面会でたくさん愛情が伝わるように、また親子の信頼関係を築くように心がけています。早く子供が成長して自由に会えるようになりたいです。
毎日子供のことを考えてしまい、悲しみに苦しむこともありますが、前妻と離れたことは全く後悔していません。みなさん共に頑張りましょう。

私はまもなく離婚調停を控えている2才の娘がいる父親です。別居して早いもので3ヵ月になります。大好きだった娘が急にいなくなった寂しさはなんとも言えません。会いたいけど会うことは叶わない。幼いのできっともう忘れてしまっているのではないか?と思うと涙が出てきます。しかし、ずっと悲しんでもいられません。現実と向き合って自分を強く持って乗り気っていこうと思ってます。また読まさせて頂きます。ありがとうございました。

32歳男です、息子が3歳の時に離婚して1年が経ちます。息子は私によく懐いていた為、その息子と暮らせない、1年経っても絶望感しかありません。元嫁からは嫁姑関係を取り持つことができず、別れを告げられました。今は私の母とも会うことはないので、元嫁とも月2回の面会を続けています。
そんな中、最近元嫁に彼氏ができたそうです。楽しそうに息子が話したことで知りました。元嫁はこれからも父親は一人だけだから、と強調していますが言葉が腹にはなかなか入ってきません。定期的に泊まって3人で寝ているそうです。その姿を想像しただけでやりきれない想いに苦しんでいます。しかしこのサイトを見て少し気持ちの整理ができました。自分が頑張るしかないですね。

離婚協議中の父親です。
娘たちが「逢いたい」と思った時に何時でも何時までもと思い
決心をしましたが日々揺らいでいます。
「逢うことを望んでいないのではないか?」
「自分の思いの押し付けではないのか?」

クリスマスの夜にブログを読まさせて頂き、引き戻して頂いた気持ちになっています。

別れ暮らす事になろうとも、私以上に心揺らぐ整理の付かない娘たちが逢いたくなった時に何時でも逢えるように今のこの場所に居続けようと思います。

ひどく共感いたします。
今、私の唯一の希望は、死ぬための準備が万全であることです。「別に今日じゃなくても良い」という1日分の希望だけで食いつないでいます。

近年、結婚と離婚という制度の組み合わせは、女性のためだけに整備されてきました。

離婚後の自殺率は男性3割、女性0かややマイナス。

カマキリと同じく、子孫を残すために人類が選んだ進化の一端なのかも知れませんね。

自分も30代ですが全く同じです。
家族が全てでした。

結婚してからは友人とも疎遠になり離婚したらもう何もありません。
男は全部取られて本当に、本当に辛いですよね。自分はもう7ヶ月子供会えていません。
離婚して1年経ちますが、毎日夢に元家族が出て来ては絶望感に包まれ1日が始まります。
酷い時は一日中死ぬ事を考えています。

自分は寒い地方に居て、寒いのが苦手でそれも離婚の原因の一つになっています。
なので暖かい地方に行きたいと考えたりしますが行ってしまえば子供とは年一回会えれば良い方。元嫁とは復縁の希望はゼロ。
という現実にまた絶望を繰り返してしまいます。

現実を受け止めて前に進む。
なんて色々な所に書かれていますが、何故前に進む必要があるのか自分にはよくわかりません。
終わりにしたって別にいいんじゃないかと最近思います。

管理人様は新しい恋人見つけれましたか?
今の人生はどうなってきましたか?

管理人オナヤミから

本当に皆さんの事情は様々で多種多様なコメントでした。
しかし、コト我が子のお話は共通している部分が多く感じます。

私も子供に会えていません。今の日本ではたくさん同じ境遇の方がいらっしゃると思いますから、ある意味でよくあることになっていますね。

私が思うに前に進むのは、単に後ろに戻ることが出来ないだけですよ。立ち止まるのは良いと思います。
今は、生きているだけ儲けものと思うようになりました。

離婚後に彼女も出来ましたけど、上手くいきませんでした。でも、また誰か現れるでしょう。たぶん。
他人から見たら悪い人生なのかも知れませんね。
しかし、
少なくても離婚しなければ、このようなサイトを運営して、コメントに勇気づけられることもありませんでしたから、これもまた自分の人生ですね。

他の記事にもたくさんのコメントをありがとうございました。時々、寄せられるコメントに勇気づけられています。

新型コロナウィルスで露呈した人の醜さを実感して、私達のように離婚して、一方的に子供との縁を切られてしまった父親は必然だったと思うようになりました。

今後も子を想い、淡々と生きていき、いつか我が子との関係を築ける日を信じましょう。

対立ではなく、あの時と何も変わらない父親で居てあげることが、子供にとっては救いになるような気がします。

コメント