地方(田舎)のお店がネットショップで成功するために考えてみた

田舎の線路 ストレスを受けて悩む

地方(田舎)ではオリジナリティがある製品を取り扱っているお店は多々あります。
しかし、それを上手にネットで紹介・販売しているお店や会社は非常に少ないのが現状です。

単に楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonに出店した。それだけでネットの売り上げが悪いから何もしないという社長さんを見受けます。
コンサルタントや代行業者を使っているお店もあります。しかし、丸投げが基本のようです。それも月額は僅かに1万円〜3万円で、あまりうまくいかないと聞きます。

リスクが1万円〜3万円では、リターンもたかが知れてます。そうは思えないでしょうか?

インターネットでの販売は実店舗と同じ

仮にも経営者や経営陣ならば、これまでもリアル店舗で借り入れをしてきちんと投資してきた筈です。現不況下ではそもそもそこまで借り入れもできない上に、良く理解していないIT関連に投資ができないのでしょう。

 

仮に実店舗が複数ある場合、その店舗の維持費と売り上げはどうなのでしょう。かなり儲かっていますか?いや赤字かトントンでしょう。

このご時世に、赤字経営で複数のリアルな店舗を持つことがマイナスになっている部分があります。それなりの維持費を店舗にかける前に同じ費用での費用対効果を考えるべきです。

 

経営に素人ながらにも心情は理解できます。
1店舗から2店舗にする際のご苦労があります。それを維持してきた想いもあるでしょう。更に減らしてから再び増やすことは困難になることも分かります。

できるだけ維持して1店舗よりも2店舗、複数店舗で相乗効果を狙う。そうですね、そういうやり方も正しいと思います。

その新店舗という考えは、インターネット販売も同じ店舗と捉えると、これまでと同じだと思いますね。そうは思えない方もいらっしゃいます。

 

中には維持しているのではなく、意地でやっている方もいらっしゃいます。想いは大事です。それが無いと続きませんし一貫性も無くなります。だから時と場合によっては人間くさい想いを優先させるべきだと思いますので、否定はしません。

で、あれば、その維持を通すために他に何を辞めるか変えるかしたらいいのでしょうか。

インターネット店舗の印象

具体的なことの前に、そもそもネット店舗という形があったとしたら、それをどういう印象で捉えているのでしょうか。

恐らく次のようなことを考えませんか?

日頃の仕事はリアル店舗のまま維持し、インターネットで余分に稼ぎたい。それもあわよくばという考え方。ダメなら投資自体はリアル店舗より格安だから、最小の費用でうまく行けば大きなリターンを期待している。

これ、かなりインターネットの商売を舐めてますね(^0^;)
そもそもリアル店舗での維持が難しく売り上げが上がらないから、別の事にチャレンジしようということですよね。ただこれまでと変わらずに営業して、ネットショップでも儲けたいとは虫がいい話です。

確かに費用はあまり掛からずに始めることができて、今までとは違ったお客様からご購入もいただけ、少しながらも認知度は上がります。しかし、実店舗とは違う世界で、同じやり方とはいきません。恐らく数ヶ月後には売り上げが上がらずに下がっていくと思います。

かといって実店舗をおそろかにはできない。そうですね。どちらも両輪でやったら身が持たない。それもそうでしょう。時間にも限りがあります。

やり方を変えるしかありません。

実店舗の改革をし時間を作る。または実店舗はそのままに新たに雇用して新店舗として増加という手段を取る。大きく2つに分けてみるとリスクが違います。リターンも変わるでしょう。同じネットショップをやろうとしても結果が変わりますね。

 

その店舗にかける投資の何分の一かでネット販売も手掛けられます。商品単価にもよりますが、社長さん一人であれこれやっても充分です。専任者は置けないという方が多いですけれどもネット販売を育てればリアル店舗よりも費用対効果は大きいこともあります。

 

これまでのことをおそろかにするわけではありません。少し効率化を図り時間を作る。

 

どうしてもリアルな店舗だとお客様の顔も見え、お話も目の前でできるため実感があります。ネット販売の場合は同じようなメールやお電話でも実感が無いのかも知れませんが、不特定多数へ販売するには、お店に来ていただくよりもネットの方が圧倒的に有利です。しかも、その土地ならではの名産品ならば尚更です。

考え方として、こうはどうでしょうか。

古本で大きく儲けているお話をある本の一節で読みました。リアルな古本店舗を全て閉めて倉庫だけ借りてネット専売だそうです。
そこまでいかなくても新規顧客を常に取り込める時代です。田舎であろうが海外であろうが売れるのです。

お店に足を運んでいただけるお客様は確かに貴重で感謝しますが、小さな人口の街でどうやって何度もリピートしていただけるのでしょうか。その合間にも新規顧客を取り続ければ間口は広がりますし、売れ残りも減るでしょう。

ネットショッピングモールの事情

ネットショッピングモールに出店してもある一定まではそれほど注文がありません。なぜならば、そのモール内で新規となり目立てないからです。

楽天市場やYahoo!ショッピングの例ですと、商品ページが古い(長く使っている)とそれだけ検索にかかりやすくなります。そのため、新規の商品ページを作った場合、競争力が弱いため、流行っているお店でもなかなか上位に食い込めません。

だから、商品ページって使い回しているんですよ。売らなくなった商品ページの中身だけを書き換えるんです。

 

もっと容易にするのがモールの広告を購入することになります。

要は長く楽天市場やYahoo!ショッピングに出店していて、広告も購入していただけるお店は優遇しますよ、という意味です。
もちろん、それはそれで構わないのです。そういった手法があるからです。
ただ商品をアップして終わりでは注文なんて入りませんからね。

 

だから各ショッピングモールへの出店は露出のためにも必要だと思います。しかし、たとえどう出店しても、人的リソースや投資をおこなわないと露出できません。

初めは広告を買ってもいいでしょう。各セールに積極的に参加してお客様へお得にお買い求めいただき、ある一定の評価をいただいてから別の手で適正価格に戻したり、より高額な商品をご検討いただければいいのです。

実店舗とは違う戦略が必要

また、実店舗とは区別して考えてください。ネットショップのお客さん側にすれば、そのページが全てであり、そのお店の所在地などはあまり関係ありません。無意味ではないですが、余程の観光地で無い限り、あまりその土地のことは解らないでしょう。

スマホやPCから観ているその画面が全てなのです。(※残念ながら一度の買い物では、そもそも○○モールで買ったとは覚えていても店舗名まで覚えてはいません)

特に若い方はそういった傾向が顕著です。スマホで見た画像と実際に違うから返品してくれ、というおかしなクレームも多いです。
ここはあまり誤魔化さず、写真を豊富に正直に訴えた方がより理解していただけると思います。

 

しかし、多くの経営者は、あまり具体的に書くと誤解されるから書かないで、適当に誤魔化せないか、写真は綺麗に加工してあるから実物とはだいぶ異なる、などあまり正直ではありません。店頭販売でも誤魔化しているのでしょうか。

 

もちろん全てを馬鹿正直に表現する必要はありませんが、誰も口頭で説明してくれず、商品も手に取れないからこそ、ある程度うまく伝わるように丁寧に商品説明を用意する必要があると思います。

これでもか!というくらに馬鹿丁寧に記載するべきです。(もちろん分かりやすいように)

 

FacebookやTwitterといったSNSはファン作りには欠かせません。そこで売ろうとしては駄目です。あくまで情報交換、店員とのやりとりを楽しむ場として提供すべきです。

そうお伝えしても商品のリンクを貼ってくれと言われます。押し売りのように感じますし、頻度も多いともう閲覧をやめるでしょう。

ブログも同じです。天気のことしかかかない・・・。新商品のお知らせならまだしも、定番商品を決まって画像付きで紹介する。これが毎日となったらただの広告です。旧来の考え方が違うのです。そろそろ気がついて欲しい。

情報提供は無料です

今はこちらから簡単に無料で情報を発信できる時代です。わざわざお店に足を運ばなくても情報が欲しいお客さんはたくさんいます。

営業時間や連絡先は当然としても、扱っている商品を問い合わせする前に調べてくるお客さんが増えています。いつも聞かれている事はちゃんと公式のページやSNSなどで表示しておくべきです。

製造業であれば作成工程のうんちくもあるでしょう。こだわって、お客さんのために作っていますと自信を持っていいのではないでしょうか。

そもそも無料ですよ。お店や商品の情報は。
店頭のお客さんに聞かれたら答えますよね?買ってくれた人だけなんてケチくさいことはしませんよね?

そこまですることはない。そういった考えは持っていませんよね?

画面の目の前にお客さんがいることを考えて商品やらお店の情報を説明して、それで初めて店頭と同じなのに、そこは端折るお店が多い(^0^;)

ネットだからこそ、もっと丁寧に説明をしないと理解してもらませんよ。

こちらも無料は活用する

店舗経営されている場合、情報発信でとても有効なサービスがあります。googleプレイスです。

現在はGoogleマイビジネス
https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

検索においてgoogleでお店の名前を検索した時、googleのサービスだけあってトップに表示されます。しかもgoogleマップで表示してくれるのです。

また、現在では、googleのIDを持っていれば、そのままそのお店までのルート案内もクリックひとつです。スマホで調べる方が多いため、電話番号からそのままお問い合わせもあるでしょう。

これらのことを自社ページやその他のサービスで実現させても、googleの検索エンジンでgoogleプレイスより上に表示させることは不可能です。

一度登録してしまえば、情報が変更にならない限り、そのまま放置して構いません。ビジネス用途なので、会社確認や情報入力などが煩わしいため登録していない店舗は多数あります。ちょっと勿体ないですね。自分でやれば無料なのに。

 

日本ではYahoo! JAPANが過半数を占めるほど利用されています。しかし、昔と違い、検索エンジン自体はgoogleのを利用しています。独自のヤフーエンジンを捨てたのです。

検索の巨人googleのサービスに乗っかっていないと、そもそもネットを使用した情報提供は大変難しい時代です。googleに気に入られるコンテンツや表現方法を取らざるを得ません。

 

長くなりましたが、地方の小さな有限会社の自社の製品を広く告知、また販売するには、以下の方法で最低限の紹介・告知・知名度アップを図れると思います。

  • googleへ登録[自社ページ・googleプレイス]

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja
https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

  • Facebook、Twitterで別々に情報を発信する。毎日が望ましいが、週に1回でも継続することが大切です。
  • 写真を多く使用する。出来れば商品写真はプロに頼む。スナップ写真はFacebookやブログなどに使用する。撮影してすぐに投稿・更新する。
  • インターネットショッピングモールへ出店しよう。(固定費がほぼ掛からないYahoo!ショッピングやヤフオクから始めてみる)
  • お客様からのメールは実店舗の接客よりも丁寧に書こう。表情や声がない世界のため文章には気をつける。曖昧な表現は避けて、できる・できない、はハッキリと記載する。

全てがこれから通用するものではありません。その時に合わせて柔軟に対応しないと、あっという間に検索エンジンに嫌われます。コツコツと1年後くらいを目指してちょうど良いと思います。

コメント