なんだかイライラするのは不安と自信の無さがそう感じさせる。自分の感じ方を変える

Two businessman finger ストレス

自信が持てないという人は、なにかコンプレックスがある人だけかと思っていました。
もちろんコンプレックスがない人はいないと思います。少なからず苦手だったり、解決することが難しい問題を抱えた状態で生活している人はほとんどでしょう。

ただ、この自信の無さが多く・大きくなると色々な部分に影響が出て、不安を覚えたり、そもそも理不尽なことに思いイライラしてしまうと思います。

他人のせいにする

quarrel in room at home

人は幼少期から性格も出来ることも違います。得手不得手があるから当たり前です。但し、年齢が低いうちはそれ程大きな差はありません。もっと言うと差はないとも言えます。

これが徐々に大人になるにつれて、差が大きくなりスグには挽回できずに苦労することがあります。もちろんその能力を手に入れる時間もあり、全ては無理でもいくつかは追いつき追い越せが可能です。

 

よく他人のせいにする人、そこまでいかなくても他人のせいにしたい発言をする人がいます。これは客観的に聞いてみると、そもそもその人自身が間違えなかったり、上手く立ち回れば良かった事柄の場合もあります。一概には言えませんし、努力が足りないとまで言わなくても、その対応を練習するか覚えるか、人にヘルプを求めるか、何かしら対応できたハズです。

そういったことはせず、他人のせいにして自分を正当化してイライラする人が職場にいませんか?

 

この他人のせいにするという心理は、自分中心に物事を捉えているからだと思います。

「なぜ?私に知らせなかった」

「なぜ?このやり方なのか意味が解らない」

「なぜ?こういう対応が自分に回ってくるのか」

こういう思いなのではありませんか?

 

自分でそれらを事前か事後に問わず、理解して学習すれば「自分のせい」にすることができます。「自分のせい」ならば、自分が努力して解決や判断をすればいいと思います。

どうしても自分のせいにしたくないという心理なのでしょう。プライドが高いとも言えます。

 

あまり自分を追い詰めてはいけませんが、まずは自分が努力してどうなるか、そしてその次に他人にどこまでしてもらえばいいのか、そういった感情ではない建設的な意見も出てくるでしょう。

大概、イライラして他人に当たる人は、自分のせいだとは思っていないか、何もしていないのに自分は知らないから仕方ないといった自己擁護のみで発言していますよね。

仕事仲間だけではなく、お客という立場の人でもそうなる人がいます。

自分の人生だから自分の好きなようで構いませんけど、世の中には他人がいるわけで、自分勝手に行動したり、または何もしないというのは、それこそが理不尽ですね。

自信が無い

looking man

怒る人、それも他人のせいにする場合は、単にその人自身が自信が無いことから感情的に自分を守ろうとしているのだと思います。

だから、自信さえあれば、何も怒らないし、他人のせいにもしないということです。

 

では、なぜ?自信が持てないのか?

それは経験していないからが一番であり、その次に想像力の欠如だと思います。

経験していないのは、単に何回か経験すれば誰でも学習します。自発的ではなく何も努力せずとも学習しているものです。

経験すれば理解することも増えるので安心します。予測もできます。だから、その自信が持てないことが、経験によって自信となるのです。「何が起きても対処できる」といった具合です。慣れているからです。

 

想像力の欠如は、他人が関わるなら尚更ですが、色んなパターンが考えられるハズです。確率から言えば起こらないことも、自分以外の要素はコントロールできませんから、思わない結果に慌てるものです。

これは想像しておけば、未来の結果は分かりませんから完璧には無理でも、想像したことが起きる場合はそれほど慌てません。自信までは付きませんけど、慌てないから多少でも心の余裕が産まれます。
その余裕が落ち着いて考え行動させるのです。人の能力には大きな差はないと私は思っていますから、落ち着いていればあまり問題にもなりません。

 

落ち着いた結果、自信がない事もそれなりに対応できます。それを経験することで本当の自信になっていくことも多いでしょう。

イライラしない

そもそもイライラしているのは自分自身であって、他人にはコントロールできません。ですから、イライラを止めるのも自分の判断だということになります。
しかし、こういった状態の人は自分で感情をコントロールできないからイライラするのです。本末転倒ですね。

 

では、まずはイライラしないことからはじめましょう。といっても感情ですから、意思とは無関係にイライラとしてきます。

物理的には深呼吸をするとか、時間を置くとか、笑顔を作ってみるとか、自分なりの整え方があればいいでしょう。

 

最終的には捉え方の問題だと思っています。現実に起きている事実をそのまま何の脚色や憶測もなく受け入れることが大事です。簡単に言うと、自分の目が客観的になっていればOKです。

どうしても自分を主人公において、自分は正しくて相手が悪いという感覚があると、決して感情は抑えられず、そして落ち着かず、不安で、何もかもが嫌になってしまいます。

 

難しいですけど、自分が劣っていた(かも知れない)、自分が間違っていた(かも知れない)、他人が正しいとまでいかなくても、自分にも非があるかも知れないと思いましょう。

だから謙虚にしていれば、あまり他人を攻撃しないと思います。

まずは自分から見直す

Smiling Woman

物事に対する最初の受け取り方や感じ方を疑ってみる。そして自分に非が無いと思っても自分が仮に間違えたならば、できることはなんだろうか?と考えてみると楽になります。

出来ないことまでやれとは思いません。しかし、出来るようにはしてもいいでしょう。

今は出来ないなら次は出来るように努力してみる。これは他人の為ではありません。自分の為です。
自分がイライラしない為にも、謙虚に事実を認めて、出来ることはする。出来ないことはどうしたら出来るのか聞いたり、調べたり、自分自身が自分の中心となって物事に当たると良いと思います。

 

偉そうなことを言っても、私自身もまたこの最初の感じ方に悩んで生きてきました。大方、相手が悪い事が多いでしょう。しかし、自分が完璧に合っているとも言い難いでしょう。

他人はともかく、自分の人生なのですから、まずは自分が気持ちよく過ごせるように、物事の感じ方を気分が良いものに変えていきたいですね。

それが受け入れることだと思っています。

自分の為にイライラを抑えると、結果として物事もスンナリと良い方向に変わると思います。

コメント