物を手放すことは心に余裕を作ること。余裕があると落ち着いて行動できます。

池と鯉 ストレスを受けて悩む
スポンサーリンク

自分に足りないことは、物で補うことではなく、内面的なことだったと気が付きました。

例えるなら、移動手段が欲しいから車を購入するのに高級車は要りません。車ならいいハズです。しかし、そこに何かフィルターがかかって、こうでなくてはならない? 別に中古の軽自動車でいい。でも、何かのこだわりがあった。

 

そもそも運転技術もドライブする時間もあまり無い、取らないなら尚更です。もっというと移動だけならバイクでもいい。自転車でもいいハズです。

何でその自動車を買うのか? よく考えてこなかった。

物を手に入れて満足して、あたかもそれを所持した生き方をしているように錯覚してきました。本当に必要でしょうか?

スポンサーリンク

断捨離、ミニマリストは整理整頓と同じ

枯山水

物に支配されていませんか?

断捨離が流行ったり、ミニマリストが市民権を得たり、そういった極端とも言える思考は、別に今に始まったことではありませんよね。

ミニマリストは海外から入ってきました。しかし、その人達も日本の禅に学ぶことが多いようです。

日本庭園もそう。特に枯山水は宇宙を表しているそうですね。

 

要は整理整頓なんです。
だから、部屋が散らかっていると心が散らかっていると言われ、部屋を掃除もそうですけど、物を減らして整理整頓した整然とした部屋に居ると、やはり心は乱れませんね。

極端にすることでより効果を得ます。
イライラしているなーと思うと、部屋が散らかっているものです。だから、部屋を片付けたり、物を整理したりすると、しばらくは落ち着いて生活できます。不思議です。

 

これを経験すると物をあまり持ちたくなくなります。余計な想い(雑念)を増やしているに過ぎませんから。

下着、洋服、バック、書籍、デジタルグッズ、何でも数を数えてみてください。心が落ち着く大好きな物だけなら、数は要らないと思います。

勿体ないから?

使わない方が勿体ないですね。

余裕を持つことは隙間空間を作ること

余裕を作る

このバックにはまだ入りますね。余裕がありますね。

こう言いますよね? 余裕があるというのは物が入る余地があるということです。
と、言うことは、心に余裕がなくなるのは、物が入りすぎということです。

余裕があるバックならば、イザという時に物が入ります。だから、慌てる必要はありません。イザの備えが出来ているということです。

心もそう。

物事に備えるために余裕を持っておく。

ということは、空間を設けることと同じですから、物を減らしたり、余計な悩みや想いを捨て去ることで、充分に心に余裕を持たせることができます。

日本が貧しい時代は心があった?

貧しい時代が日本にもありました。物が買えない。お金がないというよりも物を増やす程に余裕が無かった。稼いで物を増やして満足することが出来なかったから、そういった生活に憧れていたはずです。

すべてではありませんし、妬みやっかみという反骨精神もあって、物が無くても心は貧しく無かったのではないでしょうか。別に新しい〇〇は要らない。これがあればいい。そういう負けん気と本当に必要な物が分かっていた時代。だから物を大事にする。修理する。子に受け継ぐ。

しかし、面白いもので、そういった世代の人もお金を稼ぎ物を持ち始めると、新しい物を買い揃えたり、子に新しい物を購入したり、自分がしてもらいたかったことを次の世代にもしています。また、それが市民権を得て、それが普通?常識?という大多数になりました。

でも、満たされません。

懐古主義と揶揄する人もいるでしょう。現代の方が遙かに文化が進んで暮らしやすいことも事実です。何も過去に戻る必要もありません。

ただ、数は減らせますね。

物を減らして余裕を持つ

人はそれほど進化していません。それ以上に環境が変わりました。
だから、心に余裕がないのは今も昔も同じです。

稼ぎたくても稼げない層が居るのも同じですし、成金が偉そうだったり、貧乏人の僻(ひが)みも変わりません。

しかし、昔は物が無いから、物が無くても楽しむ術を知っていたと思います。

現代ですと刺激が弱く楽しめないと思われがちなことも、意外と楽しいこともありますよね。

感覚が麻痺してしまったのでしょう。だから、感覚を取り戻すためにも、大事にしたい物だけ手元に置いて、あとは手放した方が結果的に楽しいと思います。

コントロールできる範囲、心を込められる範囲、それってあまり数が多いと難しいです。

物を減らして、その空間に余裕を入れておく。

そういう考え方だと部屋や物入れに空間が出来ても納得しませんか?

 

レンタルという考え方もあります。

日本初の男性向けファッションレンタルサービス「leeap(リープ)」

最後に

新しい洋服を買いました!シンプルでいて素材が良い物を選んでいきたいと思います。
スティーブ・ジョブズを真似、私服を制服化するように好きな色の好きなデザインを長く大事に着る方が心は落ち着きます。余計な悩みがないからですね。

 

コメント