ストレスは何もしない事で増大する?!

楽しい時間

ストレスで身体が痛い。そういった経験はありませんか?
これは本当に身体的に痛いのではないのです。ストレスが原因で身体の神経はそうが感じているに過ぎません。だから脳内の伝達ミスの問題であって、身体を労っても仕方ない現象です。心を休ませることが重要で、気持ちを楽にさせるために身体と頭を使うことです。

心を休ませる

この心を休ませるために、”何もしない”という選択肢を選ぶと更に悪化します。最悪の場合は本当に”何もしない”状態、つまり、ただただボーッとしている。ある場所から座って動かない。動いても部屋から出ない。

こういったことは身体を休ませているだけで、決して心は休みません。心を休ませるという言葉は非常に捉えにくいことです。心がほんわかするような感情が発生すれば、それは日頃に傷ついている心を休ませていることでしょう。

具体的に心底楽しめば心は休まる

  • 映画や動画、テレビに感動する。(出来れば泣く)
  • 友人・知人・家族と何気ない世間話で盛り上がる。(出来れば自分と関係ない話)
  • 独りの趣味を思いっきり楽しむ。

度合いはともかく、こういったことに時間を使うことです。

逆説に考える

なかなか楽しめることができない状況もあるでしょう。むしろ、そういった状況だからストレスが増えているのです。単純明快に表現すると、逆のことをすると何をどうしたらいいのか判断し易いです。

身体が疲れたらを動かす。
が疲れたら身体を動かす。

もちろん、身体も心も疲れているなら、寝るしかありませんね・・・。それで回復するならそれが一番んです。30分程度のお昼寝でもいいでしょう。

バランス

なぜ逆かというと、バランスなんです。

自律神経の乱れが様々な精神的な症状を誘発していると感じています。

だから、交感神経と副交感神経のどちらかが強すぎる場合は、逆の交換神経を刺激してあげることで片方を弱くさせる。結果的にバランスが取れるか、もしくは逆の交感神経が活発になればメンタルの不調も和らぎます。

決して無くなるという意味ではありません。それほど苦しくなくなるという表現がいいでしょう。しかし、これ、苦しい時ほど本当に楽になって救われます。

仕事に困ると人生に困る

現在、無職の方は特にやるべきことが無い時間が多く、こういった不調をなかなか解消できないでいます。
特に精神的に落ち込んだ場合は、外に出るのも億劫な上、地元であれば周りの目も気になってしまいますね。(昼間からぶらぶらしてる・・・)

この辺りは別の記事でお伝えしますが、仕事と同じようにやるべきことと捉えることが出来れば和らぎます。

例えば、このブログのように特に仕事でもなく、趣味で更新している場合、何も卑下することないのです。誰かの役に立っていることもあるでしょう。実際にコメントやメールをいただいて、こちらが励まされることが多々あります。別に金銭が絡んでいなくてもそういう意味では人助けの仕事になります。例え1人でも共感してくれたならば。

社会的な意味で賃金を得る仕事というのは、会社に勤めることが一般的です。正社員ではなくてもアルバイトでも同様です。
しかし、心を病んだ人が、まだストレス耐性が整っていないうちから、焦って勤めてもより悪くなるだけです。
とにかく勤めるという荒治療は有効な面もあります。それでストレス耐性が上がります。少しのストレスには強くなります。

かといって、ずっと働かない道もありませんね。ここは考え方の問題です。

自分にとって有益なことと捉えられるかどうかです。
どの仕事も苦しいです。楽な仕事はありません。自分に合っている仕事も無いでしょう。

敢えて言うなら、自分が慣れやすい仕事はあると思います。どれだけ仕事に慣れるのが速いか。仕事の速度ではありません。あまり余計なことを考えないで仕事をこなせるかです。

食えるかどうかではない

そうは言っても全ての職種を試せませんから、細かいことには目をつぶり、ただ1点でもこの仕事はいいなー、と心が動く仕事に就くことです。

やはり人間は仕事が無いとお金以外の意味でも生きていけません。自己肯定感を意識するなら、やはり自信がある仕事内容が最適です。

文章を書くのが好きならば、独りで黙々と書かなければなりませんが、WEBライターに活路を見出してもいいでしょう。1文字1円にも満たない案件は避けるとしても、初心者にもできる仕事はあります。



あまり難しいことを考えたくないなら、清掃の仕事がいいでしょう。特に変わった清掃は時給も高いです。

食べることが好きなら飲食店、気に入った製品があるなら、そのジャンルの店員・・・。

選び方は、その程度で良いはずです。

問題は賃金ですね。生活できない。食えない。そういったことで避けてしまう仕事もあります。
世の中は綺麗事だけでは立ち回れませんから、最低限のという意味でボーダーラインは設けるべきです。ただ、何もしなければ0円。食える食えない以下です。

これからのための静養

色々なことにあきらめたくなる気持ちは痛いほど分かります。私もそうです。

ただ、これまでやり直してきた経験もあり、改めて振り返ると、言動は合ってはいなかったものの、やはりあきらめていなかった。それに尽きます。

〇〇が欲しい。旅行に行きたい。結婚したい。子育てしたい。〇〇の生活がしたい!

それ程大きくはない希望でした。叶わないこともありますし、その通りできたこともあります。できない日々の中、希望だけは捨てなかった。

心身が健康になってからまたバリバリと時間を仕事に遣えばいいのです。
今は心が病んでいるなら、しばらく静養するのは未来のために悪くないと思いますよ。

次の一手のために、体制を立て直す。そういった時期だと思えばいい。
よりパワーアップして帰ってくる! そういう気持ちでいいと思います。

最後に

タイトル通り、何もしない事がストレスを増大させると感じています。

遊んでいても良いでは無いでしょうか。それで心が満たさせるなら、きっと次に繋がります。

暗い気持ちで鬱々としていれば、良くなるどころか悪化させます。
周りの目はいずれ変わります。

もしかしたら、周りの人々も自分と同じ状態に陥るかも知れません。人生は分かりません。

人のことを気にしている暇があったら、自分にとって栄養になることをしましょう!

仕事を含めた生き方は頭の隅には置いていて、さて何をしたら楽しいだろうか。休養しているなら時間はありますよね?

お金は無いけど時間はある。これ、とても贅沢ですよ(^0^;)

身体を鍛えることと同じで、心の筋力が付いてきますよ。すると以前は無理だったことができるようになるんですね。

これから先は、あまり時間が取れないかも知れません。で、あれば今のうちに好きな事をして心に栄養を与え鍛えることで有意義にしましょう。