その恋愛や結婚をやり直したいですか?どちらにしても謙虚に生きましょう!

gentle-mind

「別れても〜♪好きな人♪」という歌のフレーズを思い出します。古今東西、男女の関係というのは何も進歩がないというか何も変わりませんね。

そんな想いを引きずっている男性も女性も多いと思います。

答えはありませんが、周りに増えてきた別れた人達の心持ちを考えてみました。

終わったら終わり

恋愛や夫婦関係が終わったら終わりになることは別にルールではありません。よく物事を諦めたら終わりだから、諦めるなと叱咤激励されることがあっても、男女の話になると諦めろとなる。

損得ではなく感情が支配していることで、本能というか動物的な何かで、仮に他の相手と同じ過ちを繰り返したとしても、ひとつひとつの恋愛は諦めなくてはならない。何とも矛盾していると思います。

同じ過ちを繰り返さないためにも、同じ人とやり直すのはできないことなのでしょうか?

結局、同じような状態で新しい相手と別れてしまう。それはまるで学習していませんね。で、あればどこかでこの人と思えた人と添い遂げる想いなのが結婚という仕組みだと思います。

しかし、それでも別れる。離婚という形は結婚しただけに無責任なことです。家族、親戚、友人、職場、全ての人を巻き込んだ壮大な迷惑ですよ。

事実婚

仕方ない。それはそう。ただ、恋愛と何が違うのか。結婚しなくても良いのでは?と思いますよ。特定の人と一緒に暮らす。それだけ。子供をもうける。それだけ。だからヨーロッパでは籍を入れずに事実婚があるのも納得しています。

別に形に拘らなければ、恋愛の延長で家族になっても別れることもあるのは変わりません。結婚したからといって何かを保障されているわけではありません。

考えると、昔は家という単位がありました。現在はその考えは古く希薄になっています。家族がイコール家という単位でした。だから名字が変わる。その一族になるということです。

これは小さい頃から不思議なひとつでした。父親か母親のどちらかは元々の家の人ではないです。血が繋がっていない。

でも、家族でした。そんなことは微塵も感じませんでした。

それは私の場合は恵まれていた環境だったのでしょう。皆が血が繋がった人のようで、違和感はありませんでしたね。

実際には夫婦は血縁関係ではありません。他人も他人。産まれも育ちも違う。そういう二人が喧嘩はしても仲間というか一蓮托生の人生を歩むのは、素晴らしいなと今でも思います。

夫婦からいつしか家族になる。

その家族になる前に、男と女として別れる選択をしてしまう。未熟です。少なくても私は未熟でした。

復縁する家族

先日観た映画(ハッピーエンドが書けるまでBlu-ray)もそうですけど、最後はまた元に戻る。それが子供にとっては最高のことです。家族がバラバラになったのに、また再結集するのは誰もが夢見ることです。

何年もかけて復縁するのは信じられないという人が大半でしょう。これは子供が居ないと成立しないかも知れません。

「子はかすがい」と言います。夫婦の間のかすがい(仲を取り持つ)となってまた一緒になる。それしか考えられません。

これは子供が自分たちの分身だからではないでしょうか。

大人になるということは、理不尽なことも受け入れることです。子供は素直です。まだ正直に生きています。でも、それが正解なんですよね。

復縁はなかなかできることではありません。複雑な感情が入り乱れ、関わる人の想いもあったり、何よりも離れてしまった後にもう一度というのは、初めて出会った頃より非常に難しい。

人生で何が大事か、お互いの想いがイコールにならないとどうにもなりません。そもそもイコールではなかったから離婚しているわけで、それはそれは大変なことだと思います。

新しい人生でもいい

future

別に復縁ばかりが幸せという訳ではありません。新しい人と出会い、そして心から信頼して愛して止まない。それがゴールだったのかも知れません。だからその前に離婚したのかも知れない。勝手な考えですけど、私は人生において意味の無いことは無いと思っています。

例えば、今の仕事も最初から選べなかった。でも今は性に合ってる。そういうこともあります。様々な経験をしないと分からないことは死ぬまで続きます。もちろん人は考えられるので、経験しなくては何も分からないわけではありません。きちんと学習していけば初めての事もこなせます。

別の人生でも親子関係は続けられます。本来の形ではありませんが愛情を注ぐことはできます。足りませんけど、何もないよりマシで、死んでしまったらそれもできません。

新しい家庭を築いても、親として関わるのは必要です。元妻、元夫として憎んでも始まりません。相手の幸せのためなら協力してあげるのは、結婚までした人ですから出来るはずです。
そこに見栄や意地、役に立たないプライドなどが邪魔しているだけで、本心はそうではないと思っています。

だから新しい人生でもいい。関わってあげた方がいいと思っています。

欲は限りない

Old black wallet with dollar

自分もそうですけど、離婚や別れる人というのはワガママなんですよ。理想が高いとも言えます。そんなにパーフェクトなことはこの世にありません。諦めるわけではなく、妥協とも違い、その程度で満足する謙虚な気持ちが欠けていたのでしょう。

結婚できない人からしたら、結婚できる相手と巡り会っただけで幸せです。病気で動けない人に比べたらお金があまり稼げなくても働けるだけマシです。

すべては無い物ねだりの強欲なだけです。

確かに欲が人を突き動かします。それが原動力ですから否定はできません。しかし、あまり欲をかいたら・・・。謙虚にその辺で満足すべきですね。

離れていても子供と面会できるだけで幸せだと思います。やはり中には面会すらできない人がたくさんいらっしゃいます。子供と会えれば、話ができれば、この先の未来も変わります。子供が変えてくれるかも知れません。

世の中には「絶対に面会させない!」という人もいます。もちろん相手が危害を加えるからとか、迷惑を被るということもあるので、例外もありますけど、お子さんからしたら親には変わりはありません。

蛙の子は蛙

frog3

矛盾している理不尽なことに、そもそも嫌っている相手の遺伝子を持った子なんだという事実は無視なんですよね・・・。嫌いな部分も似ているかも知れないのに、自分が育てればそうならないと思っている人が多い。そんなことはありませんよ。やはり蛙の子は蛙です。希にトンビがタカを産むこともありますけど、概ね似てきます。

子供目線からしたら両親のどちらも愚かに見えることでしょう。

せめて反面教師として子供自身は上手く乗り切ってもらいたいと切に願います。

あまり復縁などに拘らず、人として、親として、元配偶者として、その都度適切な対応をしていれば、良いことも訪れると思っています。もちろん何も起きないか不幸が続くかも知れませんけど、少なくても欲をかき過ぎず、謙虚にしていれば自分の心は幸せですよ。

上を見ても下を見てもキリがありません。
希望や理想は高くても、現実の小さなことに感謝できる人になりたいですね。

ある意味で賢者かっ!って思いですw

個人的には新しい人生の方が幸せです。子供を設けずにお互いを尊敬し合い、ラブラブで満足度を低くして笑顔で生活したいですね!