苦しいのは生きている証拠

笑顔でポーズする女性 生き方で悩む

よく「痛いのは生きている証拠」と言います。苦しいのも同じです。死んだら痛みも苦しみもありません。

だから死にたい? それは早計です。

きちんと生ききらないと死ぬときに痛く苦しい思いをするのではないかと考えています。
大往生する人はやはり安らかな死の場合が多いです。結果論ではありますが、人の生き死にを何度か目にすると、自分はこうやって死ねるのだろうかと思うことがあります。

苦しむことは必要

ストレスが多く、それを解消できない日々を送っている人は多いでしょう。自分の中の幸せは何か理解している人は、うまく解消できているかも知れません。
何か満足できない人は、本当に自分の生きたいように生きていないのではないでしょうか?

もしかして、まだ苦しみが足りないのではないか、とそう考えるようになりました。

 

精神論や宗教、心理学など、その方面では答えがあるのかも知れませんが、自分の中で納得できることが少ないので、人生を振り返って何となく逆説的な考えに至りました。

考えは単純です。

苦しいことがあるから、少しのことでも幸せを感じるのだと思います。ギャップです。
忙しい日だった。身体も心もクタクタになった。そういった次の日が仕事がお休みで自由な時間が確保されていたら、やはりウキウキしますし、心から幸せだなと思えるでしょう。心地よい気温の中、昼寝やうたた寝をしたとき、本当に満足している時間です。

当たり前のことですが、仕事があるから休みがある。毎日休みでは休みはないと同じですよ。

同じだけ苦しんで同じだけ楽しむ

嫌なことやツラいことをしていた時、その時間が終わり次第、それとは正反対の楽しみを同じだけ時間をかけてするというのは、非常にバランスが取れる行為だと考えます。

ツラい時は全力になります。なんとか切り抜けようと対処します。その分だけ楽しみも精一杯しているか?と問われると私はあまり自信がありません。

ただ、どちらも無理しない程度に頑張ることです。

極端に全力ばかりでは疲れてしまいます。落ち着きようもありません。

仕事などプライベート以外に真剣に取り組んだら、仕事終わりもまた真剣に遊んだり楽をしたり、身体を休めたりしましょう。解っていてもなかなかできないですね。

小さな幸せで満足する

更に逆に考えて、楽しむことがイコール幸せだとしたら、小さな幸せで満足できる生活をすると、結果的に苦しいことも小さくなるのではないか?

そう思いませんか?

だから、自分の満足度を下げ、何事も感謝の気持ちで居れば、小さなことで満足できると思います。すると、普段もそういう姿勢で事に当たりますから、苦しいことや嫌なこともそんなにストレスになることもないでしょう。

 

刺激的なことが多ければ楽しいのは誰でも同じです。しかし、その行いの反動もまた刺激的であり、ストレスを受け、理不尽なことになり、苦しむことになるので覚悟した方がいいです。

相手をあえて無視したり怒った対応を取った場合、恐らく自分も同じだけの苦しみが待っていると思います。

初心に還る

昨日からのニュースで、TOKIOの山口達也の話題が持ちきりです。テレビの中では好感が持てる人だったので非常に残念で、情けない気持ちです。

彼は大金を稼げ、離婚したとはいえ結婚もでき、子供にも恵まれた。中には全く正反対の人も多いです。
それに加えて国民的な人気もあり、ハンサムで女性からもモテる男です。
酒乱と言われていますが欠点もあるのは当然でしょう。

しかし、犯罪はマズイ。それもいい歳をした大人が女子高生とは・・・。私なら我が子くらいに歳の離れた子は単純に親目線で女性とは思いませんけどね・・・。

彼は欲に際限なく、今持っている幸せなことに気が付かずに暴走してしまった。肝臓を患ったのに、多少でもお酒が飲める状態を感謝しないとならないでしょう。医者からお酒を辞めろと言われたわけでもないようですし、控える程度なら嗜んでいれば楽しめましたよね。

離婚しても女性にはモテるでしょうから、そういったお付き合いを楽しめばいいし、ましてや離婚していても2人の男児の父親なら、犯罪などもってのほかです! お子さんの心はさらに傷つきますね・・・。

 

今ある小さな幸せなこと、それを精一杯に感謝して目の前のことに当たれば、もっと小さな幸せが増えるか、もっと大きな幸せにも巡り逢うのだと個人的に考えています。
ツラいのはツラいので、無い物ねだりをしてもどうしようもないですね。

 

私は逢いたい人が居ます。でも逢えません。元気にしてくれていればいい。失ってしまったのは仕方ないことです。死ぬまでにまた逢えたならと思います。今は苦しみだけですが自業自得です。だから山口達也とそうは変わりません。私もまた初心に還らないとなりません。

 

山口達也は色んな意味でじっくりと考えた方がいい。どうせしばらくしたら芸能界へ復帰できるでしょうけど、これまでと同じようには振る舞えない足かせができたので、相当苦しい人生になりそうですね。

 

これら全て生きているからできる芸当です。死んでしまえば何も楽しみはありませんからね。

コメント