もう限界と思ったら素直な心で生きがいを見つけよう!

smile-boy 生き方で悩む
この記事は約9分で読めます。

いただいたコメントから皆さんが同じように悩んでいることが分かります。もう限界だという人が増えています。ストレスで心が不安定になり、身体に影響が出るだけではなく、これまで出来ていたことが出来なくなる。

——人を信用できない。

——知らず知らず他人と比べてしまう。

結果的に孤立が始まり、現実的にどこかへ身を寄せることができない人から順番に一層壊れていくように感じます。

個人的に出来ていない部分もあるものの、悩んだ時にうっすらと考えたことをご紹介します。参考にはならないと思いますが、色んな考え方があるので、こんなことを考えなくても良い生きがいを持てる人生が送れると良いですね。

スポンサーリンク

「生きがい」持ってますか?

生きることが辛いから死ぬことを選ぶのは、生きがいが見つからない、または気が付いていないからだと思います。まぁ、本の受け売りのような感じで素人が何を言っても本質的なことは書けません。そう思えるのは、自分自身がそうだからです。

ただ、生きることは常に頭にあります。なぜなら絶対に死ねるからです。

どんなお金持ちでも、どんなに成功した人でも死は平等です。

生きていたら大逆転も有り得るわけで、これまでの人生時間がそのままこの先も続くとは誰も約束できないことでしょう。

あの人は「可哀想に」と思っていたら、数年後、あれ?というくらいに様変わりしていることなんて身近にありませんか? 逆もそう。

だから、明日以降をどうしようかと考えても仕方ないのです。今日で人生が終わるかも知れないのに・・・。

これは肉親や友人、親しい人が亡くなることを経験すれば誰でも感じて考えることであり、悲しいことにしばらくすると徐々に忘れてしまうことが多々あります。

生きがいを持っていれば、その生きがいに時間やお金、思考を取られますから、悩む暇が無いとも言えませんか?

 

結局、限界だなと思う時って生きがいを無くしてしまった場合がほとんどだと思います。

理不尽な事は起こり続けますし、人間関係で悩むことは毎日のようにあります。しかし、生きがいを持っていれば、その生きがいの対象を軸に生きていくと、自分にとってマイナスの現実は無頓着になれるでしょう。

「生きて○○する」のはなく、「○○したいために生きる」

どんな嫌な目に遭っても「○○したい」という強い気持ちがあれば、それだけのために生きることができると思います。

それは何でも良くて、お金稼ぎであったり家族との時間だったり、毎日○○したいからでも、いずれ○○へ行くためだったり、嫌な事を受け入れてでも自分が人生でやりたいことではないでしょうか。

スポンサーリンク

生きがいの見つけ方

この世には哲学書があります。答えの無い問題に答えを出していると思われる色んな考え方の本だと思っています。

真理を突いたような言葉に救われることもありますし、余計に悩んでしまうこともあります。だから、あまりのめり込まないことは大事です。でも、ヒントを貰えることもあるから私はたまに読みます。

生きがいについてはこの本はオススメ
「生きがい」とは何か 自己実現へのみち (NHKブックス)

生きがいってから頼りにされる事柄だと強いですね。

私事ですと、これまで知的好奇心を満たすことが生きがいのような気がしていました。でも、これはたぶん誤っていて、自分だけの事柄だと自分が弱くなった時に生きがいも弱くなると感じています。

だから、自分の外から受ける事柄で喜び(=生きがい)を感じることであれば、とても強固な生きがいになると思っています。

だから、私もまた生きがいを失って久しく、これまでのように想いも強くありません。これは何とかしないとなと・・・。

生きがいがないなーと思うなら、自分の外から受けている事柄を思い起こしてみてください。あなたは何に喜びを感じていますか?

スポンサーリンク

重心の置き方

ここまでの考え方もこのブログで綴っていることも全て私個人の見解です。だから、決して正しくもないですし、万人にも当て嵌まりません。でも、共感してくれる人がコメントをくださるということは、同じような境遇だったり、同じような考え方の人が少数であってもそれなり人数がいらっしゃるのでしょう。

改めて前置きしましたが、そういう軽い気持ちで読んでください——。

  • お金
  • 生活
  • 仕事

この3つは順不同です。敢えて言うなら同列です。但し、この重点の置き方がズレると心を病みます。

これは、お金の為に働いているのか、お金の為に生活しているのか、はたまた仕事をする為に生活をしているのか、どれをどういう順番でもアリだからです。

だから、実はどれにも重心を置かずに、バランスよく全てが第一であり、全てが第二、第三であると思うと気が楽になります。

 

私の場合は、これまで仕事に重心を置きすぎて壊れました!

何の為に生きているのか分からなくなったのは、仕事をきちんとしないとイケない、仕事でお金をいっぱい稼がないとイケない、仕事をする為に生活を変えなくてはならない、そういう想いでやってきました。ちぐはぐなポジティブ感に苛まれてきました。

現在は、全てを最低限で考えて行動しています。だから、お金も有りませんし、仕事も有ったり無かったり、そして生活も良くもならず悪くもならず・・・。これらを3つ全て少しずつ底上げしようとしています。

あなたは何に重心を置いてしまっていますか? この辺でバランスを考えて重視する事柄を少し変えてみると楽になるかも知れません。

スポンサーリンク

死にたいと思ったら

現在が苦しいから死にたい・・・。気持ちは分かります。私もいつもそう思っています。でも、死んだら救われるのでしょうか??

あの世とこの世、前世や来世、そういった物はあるのかどうかも証明できないので考えても仕方ありません。UFOが居るのかどうかと同じレベルだと思っています。

UFOは広い宇宙には居てもおかしくはありませんが、居ると断言できるような時間と空間を人間は持ち合わせていません。仮に人の寿命が100年ではなく1万年くらいに延びたとしても決して知ることが出来ないくらい宇宙などは途方も無い大きさだと思うので、エンターテインメント程度に思うようにしています。

もしもあなたが、仕事が無い、お金が無い、病気だということで死にたいのなら、その前に関わっている人の誰か、これまで関わった人の誰か、もっというと誰でもいいので、助けを求めてみてください!

誰でも助けてくれるわけでもないし、皆が助けてくれるかも知れないし、本心で助けを求めれば何とかなるものです。

誰も居ない?

それはあなたが求めて居る助けというのは高望みしているからではありませんか?

あなたや私の望みを全て解決できるわけはありません。その中の1つでも助かるなら助けを求めてみれば、あれよあれよという間に解決していくことはあると思いますよ! それをしてからでも遅くはありません。だって寿命ではないですからね。

スポンサーリンク

満足度を下げる

元々多くの人は若い頃、お金には縁が無かったと思います。もっと遡れば所有物も少なくて、人間関係すらあまり無かったでしょう。徐々に物や関係を手に入れてきて、満足できなくなっていませんか?

——友達100人できるかな♪

この歌のように友達が100人居たときがあり、その後友達が1人になったとします。それは不幸でしょうか? 不満ですかねー?

ちょっと傲慢になって、友達が多い方が素晴らしいと勘違いしているように思えます。

例えば、Twitterのフォロワー数が何千人も居るからスゴイという感覚ってありますよね。あれっておかしい話です。

そのフォロワーの人が自分の人生において実質的に助けになることがあっても何千人ではないでしょう。1人か数人ですよね。だから、そもそも何のバロメーターにもなりません。ステータスのように振る舞っていなければ良いのですが・・・。

一方で、影響を与えたり、与えられたりすることはあるでしょう。しかし、現実的に影響を受けて何かが変わる時って、もっとリアルな身近な人の方が圧倒的に多いと思います。

もちろん無意味ではありませんけど、ある一定の人以外は生活圏がそれなりに狭いわけですから、もっと足下を見ていた方が遙かに役立つことが多いでしょう。

 

シンプルイズベストです。心を病むと断捨離やミニマリスト、田舎暮らし、世捨て人へシフトしていくのは、一旦は生きがいを失ったからだと思います。自分の人生を再構築しないと過去と辻褄が合わなくなって混乱するからです。

断捨離やミニマリストしたい人にオススメの本
シンプルだから、贅沢

友達が多い少ないではなく、信頼できる友達が居るか居ないかであって、人数は無関係ですよ。
お金があるか無いかも同じで、お金も遣わないと全く意味もありません。かといって明日からどうしようでも困ります。

どの程度で満足するかであり、上も下もキリがありません。

安心したい

私の経験で、貯蓄が無くなっても生活出来ていた時に「何とかなってる」ことに自分自身が一番驚きましたけど、何とかなってることに満足していたから何も不安はありませんでしたね。もちろんお金があることに越したことはありませんけど、その分で何を犠牲にするのかと思うとぞっとします。

結局、安心感なんです。

電話帳にズラーッと名前があるからスゴイだろーという優越感から発生する安心感。
お金をこんなに持っているという安心感。
仕事が忙しくて大変だーという安心感。

こういうことを書くと”僻み妬みやっかみ”と言われますね。それすらも下を見る安心感でしょう。

満足していれば色々なは関係ないし、それよりも本物(本質)を得ていたら、とてつもない安心感があると思いますよ。

 

例えば、このブログを運営していて、見ず知らずの他人からコメントを頂くことに喜びを感じていますから、実は何でもいいんだなーと感じます。(だからコメントください!)

スポンサーリンク

自分に素直になる難しさ

最後に、生きがいって自分自身にウソを吐かずに素直になることで得られると色んな経験や本を読んで思いました。

よくあることで「あなたは意地を張っていませんか?」

ある人に不義理をしてしまい、申し訳なく思って連絡できない。でも、連絡したいんですよね? 素直になりましょうよ。相手は何とも思っていないかも知れないし、むしろ相手も連絡したかったかも知れません。

はたまた「絶対に許さない!」と怒ったから二度と会わないと行動していませんか?

許さないのは過去の事です。現在や未来は、許すも許さないも存在していません。ニュートラルに考えて良いと思います。相手も当時と変わっているでしょう。更に言えば、あなた自身も既に当時と変わっていると思いますから、初対面の人と同じ気落ちで問題ないと思います。

なぜか、変なプライドが捨てられずに意地を張り続ける・・・。

意地を張るのは時と場合によります。それも1度意地を張ったからといって、それを撤回するのは弱いのではなく、とてつもなく勇気が必要で、かつ大きな心の持ち主だということです。そっちの方が素晴らしい人ではないでしょうか。

smile-boy

仕事もお金も人間関係も、何なら生きていることすら、自分に素直になれば苦しさは少なくなると思っています。

だから、○○さん、また会いましょう。また話をしたいですね。連絡くださいよ。そう思う今日この頃です。
まっ、そうは言っても会えないし話せないのが現実ではありますけど、少しだけ心が軽くなります。

コメント