生きづらいあなたへ——今、あなたが出来ることをしていますか?

light&glow 生き方で悩む
スポンサーリンク

生きづらいと感じている人はどのくらい居るのでしょう。でもあなただけではありません。少なくとも私も同じです。

この社会で皆と同じように暮らすことが苦しいと思う人は、少数派(マイノリティ)でしょう。ある意味、ツラくてもその環境に慣れて生きていくことが大多数かも知れません。

 

しかし、どうしても上手く生きられない。

少なくても仕事はサラリーマンが合わない。

一般的な結婚生活が苦しい。

近所付き合い、友人関係、恋人、親類、様々な関係を築くのに心が言うこと聞かない。

そもそも人と関わりたいのに、上手く関われない。

そう思いませんか?

 

それは恐らく、生き方が合っていない。

間違っている訳では無く、合わないだけだと思います。

 

仕事がツラいなら、サラリーマンを辞め自由業で生きてもイイ。

人と関わるのがツラいなら、極力関わらない生き方だってアリです。

 

何ができませんか? 何をしたくありませんか? どうなりたいですか?

それをジックリ考えてみましょうよ。自分と対話してみましょう。

スポンサーリンク

現実問題の生活

そうは言っても生活のために働くかなくてはなりません。

そうは言っても人と交わらないとなりません。

孤独は結構でも、孤立はいけません。

 

しかし、それ以前に、「〇〇はしてはいけない」と思い込んでいませんか??

 

せっかくの良い仕事を辞めてはいけない? 本当にそうでしょうか。人生は1回キリです。思い通りに生きてみることに努力しても良いでしょう。

何か常識と捉えていることは、実は常識ではないことも多々あります。

いや、常識を覆しても、自分で責任を取れば構いませんよ。

 

本来の自由というのは責任と一緒に存在するものです。

意味合いの違う自己責任論ではありません。自由に決めるために責任を持って行動すれば良いと思っています。

 

では、仕事はどうしましょう?

アルバイトを掛け持ちしてもいい。週に半分だけ働いてもいい。周りから変わっていると思われても、自分がそれで満足ならそれで良いハズです。

正社員で無くても同じだけ稼げていれば、他人から見れば同じです。同じに稼げなくも生活をミニマムにすれば上手く行くこともあるでしょう。

 

欲を捨てるのではなく、小さくして満足する。そういう気持ちで少しずつ受け入れていけばイイ。

 

現実問題として家族を養わなくてはならないなら、イヤでもなんでも正社員のサラリーマンをするしかないのでしょうか?

私の知人は起業してずっと社長です。しかし、その彼もまた若かりし頃、同じように思い行動したために今があるのです。

 

遅い?なんてことはありません。彼と同じようにならなくても何ら恥じることもありません。恥じなければならないのは、何も考えず、何も行動しないことです。

 

自分自身で何のハードルをこしらえているのですか? 余計にツラい道をなぜに作っているのでしょう。

心を決めるだけです。

 

現実を受け入れて、自分なりに心のハードルを無くし、一歩前に進むだけです。

それだけで現実の問題は解決していくことでしょう。

何かをできない理由は自分が作っている

階段に例えます。

階段の一番上に憧れている人や憧れる環境があるとします。

そこに1段ずつ上ろうとしても、自分は先ず1段目から苦しく、その先まで頂上まで行く自信がないから諦めていませんか?

 

その1段はとても高いのでしょうか。

なら、低い1段を上ってみましょう。そして回数は掛かっても低い階段をより多く上れば、いつか上に向かえます。

そして最後は頂上にも達することでしょう。

 

急ぎたい? なぜ急ぐのでしょう。マイペースを守って無理なく上ればイイ。

その間に色々な人や社会に遅れを取ることが許せませんか?

しかし、最終的な目標は何ですか? 頂上へ到達することではないですか。誰と競争しているのでしょう。恐らく焦る自分、不安な自分、愚かな自分と競争しているのでしょう。

 

全く意味がありません。競争している自分もまた自分自身です。

勝ち負けでは無く、いかに着実に目標に向かうのか、それを自分と闘うだけの話です。

結果を急ぐと目標は逃げる

成功した彼の言葉は、

「自分に出来ることを出来るだけ一生懸命やる」

「昨日の自分に勝つ」

これまでもこの先も考えていないと言われました。今だけだと。

 

好きな異性は、追いかければ追いかける程に逃げるものです。古今東西の真理です。

 

同じように早く結果を出したいと思うと出せないものです。地道にしかし、着実に出来ることだけでいいからやっていれば、結果も付いてきます。

時間がもったいない

悩んでいても、考えていても時間は経過します。何か行動していても、寝ていても時間は経過します。

気分転換も必要です。しかし、気分転換とは、常に何かに取り組んでいるから必要なんです。もしも何もしない時間を多く過ごしているなら、気分転換は必要ありませんよね。常が気分転換みたいなものですから。

 

ほんの少しだけ時間を気にして、出来るだけのことをしてみましょう。

その時間をかけた分はきっとお返しがあります。それはお金か、人の親切か、何かの発見か、大小はあれど何かを得られるでしょう。

 

個人的にも不安を覚えて悩むより、さて、何して過ごそうか、何を食べようか、何をしたいのか、悩むならば、自分が今何をすべきかを悩んだ方がまだ建設的です。

 

今、私は、この文章を書こうと思いました。

ある意味で無駄な文章かも知れませんし、何も見返りはないかも知れません。

しかし、これを書いているこの時間は充実していて心は安らかです。結果的にその時間が過ごせたならばラッキーとしか考えていません。

 

これがもしもコメントが付いたり、アクセス数が増えたり、何かしらの反応があったら喜ばしいことです。この時間も無駄では無かった。そう思えます。

自分で自分を抑えるのは辞めましょう

現実には問題・課題・悩みは解決しません。所得が急に増える訳でもなく、大事な人が現るわけでもありません。病気が治るわけでもなく、仕事が見つかる訳でもありません。

 

ただ、自分ができないと思わないことで、少しだけ可能性が広がったことでしょう。あとはその繰り返しです。

地道にそして着実に、今、自分に出来ることをするだけで、一歩ずつ頂上へは向かっていることは事実です。

 

せっかくの自分自身の能力を抑える必要はありませんよね。私は文章を書くことも本を読むことも好きです。とても幸せを感じます。

 

そうは言っても全くこの記事は見向きもされないのが現実でしょう。

しかし、これまでのように、もしもコメントなりメールなり反応があったとしたら、それはとても嬉しいことなので、それを期待するのではなく、そういう未来もあると信じることだけで良いと思いませんか。

 

この他愛もない文章が、どなたかのご参考になれば幸いです。

心の支えが欲しい。自立ではなく自律する。
心の支えが欲しい・・・。弱っている時、究極なのは物理的なことではありませんね。 精神的に参っている時、苦しい気持ちの時、逆境に出会った時など、ネガティブな状態からの復活には何かしらの支えが必要に...



生き方で悩む
オナヤミをフォロー
スポンサーリンク
悩んでいる人
オナヤミ

人生20年間も悩んで迷ってきました。自分なりの悟りの境地へ向かう中、同じ悩みを抱えている人のヒントになればという気持ちで記事にしています。

オナヤミをフォロー
悩みナビ

コメント