精神的な病は支援を受けるにも困難だから周りが助けてあげて欲しい

Young man holding hands 過去記事・雑記

病院で精神的の病名がついた人は、これまでとは違う偏見と差別の中で堪えなければならない。

と、言っても難病とは違い軽い偏見です。

治る見込みは充分あるので、あまり深刻に考えないで欲しい。

ただ、長く患い、深刻になる時が来たら、なりふり構わず助けを求めてもらいたい。

ここでは、公的な支援を中心に体験も記しますので参考にしてください。出来れば参考にする人が居ないのが理想ですね・・・。

精神を患った人の主な公的支援

恐らく一時期よりも公的な支援は拡充していて、負担する額が変わったり、認定が緩くなったりしている。
一口に精神障害(疾患)は、統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害など様々で、症状に至っては個人個人で全く異なります。

ここではうつ病ということで読んでください。

自立支援医療

これは広く適用されていて、心療内科へ通い長期になれば医師から勧められます。
通院のための医療費の自己負担を軽減する制度です。
かなりポピュラーで結論から言えば利用した方がいい。じっくりと腰を据えて治すという場合、経済的な不安が更に症状を悪化させます。
家族にお願いして市町村の社会福祉課へ行ってください。

 

用意する書類は病院側から指示してもらえます。というかそうでないと受けられません。診断書が必要だからです。費用は病院によりますけど、診断書は3000円が相場かな。

役所では所得の確定がないと手続き取れませんから、申請に行った時でも別の課で所得証明書をもらいます。

 

受給者証としてA6サイズの紙を毎回持参することで、通院による医療費が1割負担になります。うつ病などは抗うつ薬が高いです。もちろんジェネリック医薬品も増えたので、昔に比べれば安くなりましたが、それでも月2回の通院でも薬代含めて1万円にはなるでしょう。薬の量にもよってもっと高くなります。

それが1割なので、従来の3分の1へ減る。これは大きい。
特に診察料はおよそ1回1500円くらいですから、これが1回500円になるのはかなり軽減されます。
利用しても特に何か不利益はありませんね。会社にもバレません。

 

詳しくは個別にサイトで調べてください。

自立支援医療(精神通院医療)の概要
自立支援医療(精神通院医療)の概要について紹介しています。

PDF

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000146932.pdf

 

傷病手当金

精神的な疾病でも傷病手当金は受給できます。これ、会社とやり取りしないとなりません。正確には会社で入っている保険事務所になります。社労士さんとのやり取りですね。

これが、お任せできる部分は多いし、よく連絡をくれて不利にならないように務めてくれます。会社も申請を勧めることもあります。会社の負担はありませんからね。特に給与保証という意味でも安心して休めますね。

 

ただ、うつ病のような病だと、やり取りが苦しい。特有の思考で、迷惑を掛けているという罪悪感が増します。そんなことは決して無いのに、その時はそう自分を卑下します。国から金もらっているとか、会社を休職しているだけでも顔向けできないといった感情です。

これこそ、家族が居るなら奥さんとか、近しい人にやり取りしてもらった方がいい。お金のこともあるので都合がいいのもあるけれど、それよりも本人が全て対応するのは非常に苦しいから、治るものも治らない。

本人は相手に様子を伝えることで問題ない。支給には影響しません。

 

これは現在、給与の月額の30分の1相当額の3分の2がもらえる。経験として当時、19万弱を受給していました。(法改正前だったか覚えていません)何もせずに休職して19万ならお金には困りませんでしたね。どうせ寝ているだけだったし・・・。

 

今思えば満期でもらえば良かった・・・。まともな考えは出来なかったので途中で辞めたんです。

仕事は解雇になりましたが、退職後ももらえるんです。確か最大で1年半だったかなー?でもね、半分で辞めました。仕事をしたくて無理して転職したんです。それがマズかった。その後、やっぱり退職しないとならなくらいに悪化してしまい、その後は生活が困窮しましたよ。

 

多分、また再開できたのかも知れない?もう頭の中がパニックで何も判断できなかったため、余計に苦しい生活になってしまいました。

だから、絶対に満期までもらって1年半をじっくりと静養に充てるべきです!その後の人生はまだ長いので、ゆっくり休んだ方がいい。家族が居ればその辺を奥さんなりお子さん、親に任せて貯金でもしてればいいのですよ。社会復帰するときには何かと入り用ですからね。

 

ただ、おかしいのは、退職する日に挨拶に行ってはいけない。なんだそれ?日本らしい。
働けずに休職しているのだから、最終日に会社に行けるなら資格がないということみたい。アホらしい。

確かに行けない状態であったから、通勤はできません。でも、誰かに送ってもらえば・・・可能ですよね? 律儀に挨拶しようとしたら資格がないとは、お上の考える支援ですな。
不正受給があるからだろうけど、休職した上に仕事を無くすのだから、手の込んだ不正受給だよな。

 

それと、同じ病気では1回しか受給できません。治ったとされるのがうつ病では寛解として、通院や服薬がなくなって3年経過しないと治ったにならない。しかし同じうつ病でもどうか解らないです。ケースバイケースだと思う。

その後にまた傷病手当金を受給するなら多分大丈夫でしょう。そもそも継続して通院していれば無理だと思う。経験では申請しなかったから解らない。こういったことも誰か家族が調べて対応して欲しい。本人では無理があると思います。

 

申請は各保険事務所が窓口なので、会社で入っている保険事務所に個別に聞いてください。(中身は変わりません)

障害者認定

精神障害者として認定されると2級から障害年金がもらえます。
3級は問題なく取れても障害年金はもらえないから、実質2級から生活の助けになります。

経験として申請しようと試みたものの、自分ではよく分からず、そういうのを生業にしているフリーの人にネットから申し込んで頼んでみた。成功報酬は年金をもらったらということで、そういうビジネスがある。

そのビジネスについてどうのこうのよりも、そもそも認定されるためには素人は無理!受給させないような制度だから。
この辺は生活保護と似ている。どうにもならない人も居るのにおかしい。不正受給が多いのだろう。

 

この申請の肝は、初回の診断書がないとならない。カルテがないと話にならない。

私の場合、病院も都合5カ所、変わっていて、全てに連絡した。うち、3件は快諾してくれ申請に協力的だった。名前を告げるとカルテもあると言う。残り1件の病院は、今思えばうさんくさい医師だった。

「電話では伝えられない」
「目の前に来たら教えることも検討する」

 

こういったやり取りで、恐らく訪れても証明する気はない口ぶりだった。

そして残り1件は初回に訪れた病院で、その時は自律神経失調症という判断で、病院を紹介されて2件目の心療内科へ行った経緯がある。だからうちは関係ないとのこと。
いや、うつ病でなくても初めの症状が出たカルテがいるとい伝えると・・・、

「そもそも電子カルテの前だから、カルテは処分して存在しない」と言う。
初めは古い話なのでうつ病というのもよく解らない言葉だったから仕方ない。

 

これはいきなりうつ病と診断されることが少ないうえ、自律神経失調症やら、ノイローゼ気味といった軽い症状からうつ病へ発展することがある厄介な病のため、どうしても初回というのを立証するのが難しい。

私はカルテがないこと、協力的では無いことであきらめた。しかし、逆に障害者として生きなくて済んだから、ある意味ではラッキーだったかも知れない。といっても生活が困窮しているのは変わらないが・・・。

最後に

色々と言う人もいるけれど、困っていることは事実で、理屈も解るけれどできないものはできない。自分の思いとは全く別に心や身体が反応している状態に陥ると、本人でもどうしようもない。
これが回復してくると、なんで?あんなだったのかと振り返られる。頭がスッキリと元に戻る。

あの感覚はおかしい。だいぶ時間はかかるけれど、薬のせいもあると思う。個人的には薬は反対の立場になりました。あれは良くない。長く飲むと薬漬け。確かに効くのだけど、常用するのは抗うつ薬だけではなく薬は危険だと思う。

 

病は気からというのは本当で、日頃から気力を保てば風邪など引かないと同じ。心身を鍛えるには、先ずは身体から鍛えるといいです。簡単でお金もかからずにどこでもできますよ。

まさか自分が散歩したり、たまにジョギングしたり、腕立てやスクワットをやるとは思わなかった。これは死ぬまで必要なんだなーと思います。

 

自分ではどうにならない時に経済的なことを考えても良い判断はできません。信頼できる家族などに任せて寝たりゆったり過ごすことで元に戻れば、また何でも上手くいきますよ。

「下手な考え休むに似たり」

現実はなるようにしかなりませんね。何も判断しない方が実はその後が楽です。

少しでもこの記事がどなたかの助けになればと思います。