離婚、辛い、子供、思い出のキーワードで検索しているあなたへ

夫婦喧嘩に泣く子供 離婚

お子さんが居る離婚ほどツラく苦しいことはありません。「親が無くとも子は育つ」とはいえ、両親が揃っても難しい育児です。離れていても我が子のために時間を割いてあげてください。

答えは自分の中にある

「離婚、辛い、子供、思い出」というキーワードでお越しのあなたにとって、この記事やブログがご参考になれば幸いです。

これは推測ですけど、自分でも良く理解していないうちに離婚になって、自分の家族と離ればなれになった人が辿り着いていると思います。

 

私もそうです。何だかよく分からないうちに嫌われてしまいました。答えは教えてもらっていません。おおよその見当は付いていますが、確信はありません。

そんなことから、子供との関係は良好な上、離れた分だけより理解しあえる関係になっています。これが元配偶者であれば最高だったのですけどね。

 

「訳が分からない」と嘆いている人は、なんとなく答えは分かっていても、それを受け入れたくないのだと思います。違うでしょうか?

こういったブログでも何かのきっかけにはなると思います。あまりご自分を責めるのではなく、理解するようにしてお読みください。

どう接するかは離婚の数だけある

こういったWEBの情報はリアルなお話もありますし、そうでないお話もあるでしょう。無論、それは念頭に置いてお読みいただけていると思います。

このブログでもご参考になるように実体験を記載しています。

しかし、いずれにしても離婚した夫婦の数だけ原因や結果は異なります。私もある程度細かいことは記載していません。個人的過ぎると何ら参考にならないからです。

 

人に話せば、「そんなことはどこの夫婦でもある」と言われかねません。それはそうだと思います。”夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と言いますからね。

 

子供との関係だけに絞っても様々です。

面会が月に1回が多いようです(子供は足りないと思います)しかし、これが月に2回の人と、毎週末お泊まりする人など様々ですから、こうすればいいというのは、具体的になかなか当てはまりません。

多少、世間とは違っても、それがあなたたち親子関係の答えなんだと思って受け入れましょう。

子供の自尊心を育もう

子供は離婚しただけで、相当に心を痛めています。我が子も「吃音症」に1年半くらいなりました。その後は回復しましたが、まだしゃべることが上手くありません。可哀想なことをしました。

当時、元配偶者には、片親の愛情では足りないから、もっと面会の時間か回数を増やして欲しいと嘆願しましたけど、アッサリと拒否されました。

もう夫婦ではないので、致し方ないですが、そんな関係になってしまったことは未だに信じられません。別人かと思っています。

 

子供は事情は分かりませんから、片親に「捨てられた」と思うそうです。「要らない子」と自分を責めるようで、自分が良い子にしていれば、また帰ってくると信じるようです。

現在は、その現実が理解し始め、子供なりに淡々と過ごそうとしています。

しかし、時に大泣きします。無理難題を言って困らせます。

ずっと耐えていたのだろうと思い、「分かってるよ。同じだよ」と声を掛けながらぎゅっと抱きしめてあげます。

ここで、決して「ごめん」と謝らないでください。

これは大事なことです。謝るということは、子供が懸念している「見捨てた」「要らない」を肯定することになってしまいます!

 

謝ることはありません。同じ気持ちだということを伝えるだけで充分です。

親が思うより子は親を思っている

実は親よりも子供の方が気を遣っています。なんとも情けない話です。

しかし、親が気を遣うと子供の心に暗闇が広がります。悪いことをしたと認めることになります。・・・いや悪い事なんですけどね・・・、無理して会っているような感覚を与えてしまいます。

 

全力で会っていることは伝わります。また特別なことをしないで、一緒に生活している時と同じことは子供に安心感を与えます。これは実体験で感じています。

 

子供に気を遣われる・・・。親を思っているんですよ。

それってツラく苦しいことです。しかし、親が気を遣ったら?

そう、子供が自分と同じ気持ちになるので、そうはさせないでください。だから、子供が気を遣っている程度でも大丈夫です。その分、親として普通に振る舞ってあげて、”ん?何を身構えているんだ?いつもどおりだよ?” ”特別ではないよ。だって親子だからね”

 

子供との生活は離れたままです。でも、遠くからでも、たまにしか会えない時間でも、親として伝えることは伝えられます!

問題は、本当に時間が無いので、無駄なことが出来ないジレンマがあるだけです。

いつも次に会えないかも知れない。そう思って全力で面会しています。皆さんも同じだと思います。あまり悲観せずに生きている間は笑顔で元気にしていましょう!

きっと親子関係も良い事がありますよ!

 

広告
〇ご存じでしたか?
      53%の人がリングを捨て
      21%の人が近所の質屋に売り
      13%の人のタンスに眠り
      8%が返却と 5%がどこに行ったか忘れています。
「結婚指輪買取専門店」で一度見積もってみませんか?

【シングルママ応援キャンペーン】
母子家庭のお客様の買取額10%UPを実施中です。

売れば良かった・・・。
不要になった結婚指輪の買取専門店「リングオフ」

離婚
スポンサーリンク
オナヤミをフォローする
関連記事(※一部広告)
悩みナビ

コメント