ワガママな人は敵を作って自分を正当化する

中尊寺の積み石 ストレスを受けて悩む
スポンサーリンク

経験から思うことで正しいとも間違っているとも言えないと考えています。偏見という言い方もありますが

スポンサーリンク

理不尽な矛盾する言動

自分勝手、ワガママ、独り善がり、言い方は様々です。そういった人は発言が矛盾しています。しかもそれに一切気が付かない。

うまく話が通じないと思い、何でかな〜?と考えることがありました。最近は一定の答えが出ました。

敵を作る(=悪)と自動的に自分が正義になる??

そういう法則がありましたね。決してそうではないのですけど、相手が悪いと他にも認めさせると、だから私は悪くないという構図ができますよね。

 

これ自体はよくあることなんですけど、ワガママな人は、それを力業でエイヤっと無理がある状況でも無理矢理そういう形を作ろうとします。

だから、まともに対応していると、理不尽な事を(これも共通していますが)怒りに満ちた言動で応対してきます。

これは本当にお互いがストレスになります。

 

これはお客さんのクレームも同じ原理です。自分の非は認めたくないから、相手を悪にすることで、自分は悪くない構図を作りますね。実際は悪いと思っているからそうするのです。だからタチが悪い。

そういう人は本当に心が貧しいのでしょう。偏見ですけど、読書などはしないのではないでしょうか。まぁ、これも偏見ですね、すみません・・・。

相手の立場が想像できない

これは自分への戒めも含めての記事なのですけど、こういった矛盾する理屈から憤り怒りをぶつけてくる人は、どうしても相手の立場を理解できないのです。

基本がワガママを通す性格なので当たり前といえば当たり前ですね。

ほんの少し相手の立場を想像すると、こうなのかな〜?と相手への配慮に繋がります。しかし、全く理解どころか想像できないので、まるで相手が居ないかのように自分の立場だけを押しつけてきます。

そして、それが通らなかったら・・・。

自分は悪くない。相手が悪い。そして自分の考えや行動は常識的だと言い張るのです。

そもそも、いがみ合ってるから常識的ではないという事実は置いてけぼりです。他の人が皆全員がいがみ合う事案でしょうか? 冷静になっていないのでそれは分かりませんよね。

こういった相手を前にすると、「可哀想だな」と思います。そういう生き方なんだ変に納得もします。だから、こう争うのだけどなー、と。

ワガママな人は笑顔が少ない

やはり笑顔は大事ですね。自分自身にも嫌なことを気にしないで置ける魔法でもあります。それよりも見てくれている人達をも幸せにするのが笑顔です。

ツラいからこそ笑顔で乗り切る。

不平不満を言わないで、そもそもなぜ?相手はこうなんだと想いを寄せる。憐れみの心で接すると、「色々と大変なんだね」と相手からしたら理解しようとしてくれているように思えます。実際に理解しようとする時は相手の立場を考慮しているハズですよね。

 

だから、逆説的に言うと、笑顔があれば、笑顔で接すれば、相手の警戒心も解かれ、そして意外と相手の考えが分かるものです。その上で、不平不満を言わず、大変なんだね、と相手を立てるような発言が出来れば、きっとそれは自分にもストレスを軽減させてくれることでしょう。

単純に笑顔で居ることを続ければ、環境も相手の対応も変わってくるものです。これには時間もかかりますから、我慢ではなく自然体で見返りを求めずに、ニコニコしていれば良い事が起きるということでしょう。

笑う門には福来たるとはまさにそのままですね。歳を重ねて、こういったそもそも論に気が付かされ、自分は出来ていなかったと反省して、今までより笑顔で淡々としている自分を褒めてあげてください。成長したなーと。

 

こういったことが出来ない人達も、長く生きていれば同じように思う時が訪れることでしょう。後悔先に立たずで、失った物は帰ってきません。怒っている相手はまだ気が付いていないので、先に会得した人として余裕を持って接することができるでしょう。

 

人生は苦しいけれど面白い経験ができるなーとつくづく思います。

 

自分の思い通りにいかなくて憤っている人に伝えたい記事

許せない!と怒るよりも人を許すことで何倍も自分の得になり幸せになります。

人生が上手く行かない時は全てを奇跡と思うと楽になる

ストレスを受けて悩む
オナヤミをフォロー
スポンサーリンク
悩んでいる人
オナヤミ

人生20年間も悩んで迷ってきました。自分なりの悟りの境地へ向かう中、同じ悩みを抱えている人のヒントになればという気持ちで記事にしています。

オナヤミをフォロー
悩みナビ

コメント